投稿者「185usk」のアーカイブ

白湯を飲む

 健康と減量を兼ねて、白湯を結構飲んでおります。
 沸騰した水なら何でもいいだろうと思い電気ケトルで沸かして飲んでいたのですが、鍋で10~15分ほど沸騰させると口当たりが全然違うではないですか。
 電気ポットで沸かしたばかりの白湯はちょっと棘のある感じなのですが、時間をかけて沸騰させた方は明らかに口当たりがまろやかで飲みやすくなってびっくり。
 不純物を飛ばしたって解釈でいいんですかね。そんなに変わるもんなんだろうかってくらい変わるので、白湯を電気ケトルで沸かしただけで飲んでいるそこのあなたは是非お試しあれ。

現金から解放される

 昨年の12月くらいから、可能な限りのキャッシュレス生活を始めています。

 日本人誰しもそうだと思いますが、幼い頃からの刷り込みで、現金信仰のようなものを持っていたのですが、どう考えても現金を持ち歩くのは合理的ではないということに気付きはじめ、環境を整えてみました。

続きを読む

全自動歯ブラシ

くわえるだけで磨ける全自動歯ブラシ、早大が開発
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000511-san-sctch

 これ、3年くらい前に思いついてアイディアだけは持ってたんですよね。電子ペーパーの楽譜といい、またしても先を越されてしまった……。
 というか実現する資金力や時間の余裕が全くないので、何を思いついてもどうしようもないのですが。
 まぁ今発表されたということは3年以上前から研究は進んでいたのでしょうけども。

クイーン・ドリフターズ

クイーンってドリフに例えると、

フレディ→志村けん
ブライアン→いかりや長介
ロジャー→加藤茶
ジョン→高木ブー

かなぁ。4人だから仲本工事がいないや。

十二月大歌舞伎「壇浦兜軍記 阿古屋」

 トゥイッターで触れたのですが、歌舞伎座に「阿古屋」を見に行きました。

 と書いたのですが、どうしても玉三郎さん以外の阿古屋と、玉三郎さんの岩永が見たくて、ちょっと無理をして二度目の阿古屋に行ってきました。

続きを読む

今日はインプットの日!

 歌舞伎座に坂東玉三郎さんの「阿古屋」、映画館に「ボヘミアン・ラプソディ」と二日連続で観劇をしました。どちらも素晴らしく、実に幸せで満ち足りた時間を過ごすことが出来ました。

 ところで、SNSを見ているとたまに目に入ってくるのですが、映画でも何でも、何かを見に行く際に、

「今日はインプットの日!」
「何事も勉強勉強!」

続きを読む

弦と弓の区別

 無粋かなとも思うのでトゥイッターには書かず、誰も見ていないブログで……。

ホラー映画などの不気味なシーンでおなじみのアノ効果音、実はこの楽器”Waterphone”で作られてるんです
弦で擦ったり、手で叩いたり、ゴムで擦ったり、ヘラで叩いたり何をしても不気味な音が鳴るこの楽器の造形自体がすでに不気味!!

 弦で擦るというのは違います。弓、もしくは弓の毛です。弦と弓の区別がついていない人って結構多くて、自分でも咄嗟には間違えてしまったりするので、覚えておきたいものです。

 しかし、これだけ拡散されているにも関わらず、誰もそこに突っ込んでいないあたり、こういうのを見る度に、面白かったり派手だったりすれば細部なんてどうでもいい世の中なのかなぁと、どうしても暗い気分になってしまいます。

行け、行け、行っちゃった

 海外の出来事を取り扱うマスコミなら、英語の分かる人がいないと恥をかくよねという例を目の当たりにしました。

 サザビーズで落札されたバンクシーの絵画がシュレッダーにかけられたニュースですが、朝日の第一報(?)で、バンクシーがInstagramに投稿した文章

“Going, going, Gone”

 を

続きを読む

考察が苦手

 ゲームやアニメ、映画等に関する考察ってやつが苦手で。

 答えが出ないことだからこそ、考察って意味があるんじゃないかなと思うわけです。多くの指揮者がああでもないこうでもないと頭を悩ませているのは、作曲者がとうの昔に鬼籍に入っていて、答えを知ることが出来ないからなわけで、今ベートーヴェンがご存命だったら、真っ先にベートーヴェンに質問しますもの。

続きを読む