ラーメン」カテゴリーアーカイブ

激辛論

 元々辛いもの好きではありますが、いつでもどこでもというわけではありません。が、妙に辛いものが食べたくなる時があります。
 例えば、呑んだ翌日。辛いものを食べるとアルコールが抜けるという根拠のない発想が根底にある気がします。アホですね。

 先日、2日連続で辛いものを食べたのでご紹介。

 1日目がアナンダのスープカレー8番。

続きを読む

壱角家

 以前ボロクソにこき下ろした、いわゆる偽家系の系譜です。

 二度と行かないと思っていたのですが、実に4年ぶりにふらっと足を踏み入れてしまいました。以前の記事はこちら。

家系ラーメン紀行 #05「壱八家」
https://blog.185usk.com/2016/01/post-261915.html

 一口目にスープを飲んだ時点で即戦意が失われました。家系ラーメンと全然味違うでしょ。これ家系ラーメンじゃないでしょ。家系を名乗っちゃダメでしょ。
 はっきり言って論ずるに値しないので、感想は以上でお仕舞い。

見た目だけは若干それっぽいが……。

 家系を名乗っていなければ別に怒りも湧かないのですが、家系ラーメンと言い張っているところが盗人猛々しいというか、恥知らずというか。
 行かなきゃいいだけなんですけど、こういう偽家系がチェーン展開しまくっているおかげで、これが家系ラーメンなんだ、家系ラーメン美味しいね、家系って美味しくないなという誤った認識を持っている人が爆発的に増えていて、それが悲しいのです。

 全部に適用できるわけではないですが、簡単な見分け方をいくつか挙げておきます。

続きを読む

らーめん紫龍

 豚骨スープのいわゆる博多ラーメンかと思いきや、そうではなく城南ラーメンだという。

 注文時に麺の太さからスープの濃さ等、好みをとても細かく決めることが出来る。家系ラーメンより遥かに細かい。

 何やら黄金の組み合わせがあるとかで、その組み合わせを真似て注文。細麺、ニンニク多め、背脂普通、青ネギ、辛味噌付き。半熟卵は乗せなかった。なかなか美味しかった。組み合わせ次第で自分好みの完璧なラーメンを頼めそうではあるが、そこに行き着くまでに何度通えばよいのか分からない。

 後で知ったのだが、歌舞伎役者の中村七之助丈ご贔屓の店だそうで、好みの注文も七之助さんの定番。七之助丈も、元は中村獅童さんにつれてきてもらったのだとか。

 そんなわけで、勝手に七之助ラーメンと名付けた。またそのうち行ってみたい。

七之助ラーメン

七之助ラーメン

家系ラーメン紀行 #06「つばさ家」

 立川にある家系ラーメン。呑んだあとに立ち寄る。

 カウンターのみで10人も入れないようなこじんまりとした佇まいの店。主もいい感じ。

 悪いとは思わないが、私の求めている家系ラーメンではなかった。本流というよりは、クリーミー系の亜流に近いと思った。

 後から調べてみると、主はどうも六角家で7年修行したようなのだが、言われなければ分からなかったと思う。

 呑んだ後だったので正しい判断が出来ていない可能性がある。機会があればまた行ってみよう。体重は増えた。

ラーメン(670円)

ラーメン(670円)

たれ蔵

 半地下のような佇まいと、「店長ラーメン」の文句が気になっていた店。

 ごく普通のラーメン屋だった。特筆すべき点があるとすれば、店長ラーメンだけ異常に安いというところか。店長を具材に使用しているだけあって、材料費がかからないためか、明らかに価格設定がおかしい。

 もう一回行ってみようとは思わないかな。

店長ラーメン(520円)。あまり食欲をそそらないビジュアルだ。

店長ラーメン(520円)。あまり食欲をそそらないビジュアルだ。

つけ麺や 武双

 鶏白湯と鶏魚介がウリらしい。どちらか選べるのだが、どちらもついてくるセットを購入。

 鶏白湯にしても鶏魚介にしても、いかにもというわざとらしい味。これぞ今流行りのつけ麺でございという味付けのスープ。オリジナリティは特に感じなかった。麺も小麦がどうこうと書いてあったが弱い。トッピングの穂先メンマは美味しかった。

 んー、このラーメンに1,250円はないでしょ。もういいかな。

二種つけ麺(1,250円)。大盛り(400g)無料。

二種つけ麺(1,250円)。大盛り(400g)無料。

とんこつらぁ麺CHABUTON

 久しぶりに行ってみたら店の感じがガラリと変わっていた。昔は黒に木目調の内装で、もう少し本格的な感じがあったのに、白を貴重としたプラスチック風の軽い感じの店構えに。いわゆるオシャレではなく、オサレ系ラーメン屋。あまり好きじゃないな。そもそも「らぁ麺」というのが好きじゃない。

続きを読む