野球」カテゴリーアーカイブ

讀賣軍の連敗を止めるのはベイスターズ

 讀賣巨人軍が記録的な連敗で借金生活に突入したとのこと、おめでとうございます。

 4位転落に向けて水を差すようで恐縮ですが、横浜ファンを代表して予言します。

 讀賣巨人軍の連敗を止めるのは横浜ベイスターズです。間違いありません。そういう呪われたチームなのです。昔から。ずっと。今でも。何も変わっていません。だからベイスターズが止めます。絶対に。

 明日からの二連戦のどちらか、讀賣巨人軍が勝ちます。おめでとうございます。

虎戦士を目覚めさせるのはベイスターズ

 佐藤輝明選手が日本記録を樹立したとのこと、おめでとうございます。何でも日本一はいいものです。

 世界記録に向けて水を差すようで恐縮ですが、横浜ファンを代表して予言します。

 佐藤外野手の無安打記録を止めるのは横浜ベイスターズです。間違いありません。そういう呪われたチームなのです。昔から。ずっと。今でも。何も変わっていません。だからベイスターズが止めます。絶対に。

 明日からの三連戦、必ず佐藤外野手にヒットが出ます。おめでとうございます。

やはり予想した通りに

 こうなるんです。通用していない。抑えたとしてもピシャリではなく、あっぷあっぷな感じ。予想通りです。
 本当に、あれだけ活躍していた山崎投手がどうしてこうなってしまったのか。技術的なことは分からないので、悲しいばかりです。とはいえ、無理なものは無理。二軍降格は妥当だと思います。
 復活してくれることに越したことはないので、不屈の闘志で頑張ってほしいです。三嶋投手とのダブルストッパーになれれば、チームもかなり安定すると思うのですが……。

三嶋投手のクローザー剥奪は失策である

 三嶋投手のクローザー剥奪は間違いだと思っています。
 異常に打ち込まれているのは讀賣戦だけで、後は阪神と相性が良くない以外はきちんと抑えているはずです。
 今季の試合をある程度を見ていれば分かるはずなのに、打たれたからクローザー失格だ、三嶋はダメだとか騒ぐ人たちは本当にファンなんでしょうか。いや、野球を見ているんでしょうか。ファンという名の騒ぎたいだけの人たちなのでは。
 対策としては、讀賣戦で投げさせなければいいだけのこと。クローザーというのは全球団に平等に投げなければならないという縛りでもあるんでしょうか。
 讀賣戦は誰が抑えるのか。どのみち打たれるなら、エスコバー投手でも誰でもまずは試してみればよいでしょう。さもなくば、成績を見て相性の良い投手か、その時々に調子の良い投手とするしかないでしょう。
 じゃあ三嶋投手の後釜は誰なんだと言うと、恐らく山崎投手が指名されると思うのですが、今の彼にクローザーは無理でしょう。残念ですが、去年から決定的にダメになってしまった。中継ぎでも騙し騙しだと感じているので、クローザーに転向したら確実に打たれます。9回を締める力は無いです。確率的には三嶋投手の方が遥かに抑えるはずです。
 本当に三嶋投手をクローザーから外すのであれば、大失策になると思います。

青星寮カレーを作った

 公開されているレシピを元に、あの横浜ベイスターズの寮で出されていると噂の「青星寮カレー」を作りました。横浜市内の給食にも取り入れられているようです。

 オリジナルと異なるのは、「赤ワインがなかったので、ウイスキーに変更」「クミンはパウダーではなくシードしかなかったので、シナモンとクローブのパウダーに変更」「茄子が大量に余っていたので茄子を投入」くらいですね。

続きを読む

筒香外野手がドジャースに移籍する

 びっくりしたなぁ。でもよかった。ほんとに。このまま日本復帰でメジャー挑戦はジ・エンドかと思っていたので。
 これで終わりというのはちょっと違うだろと思っていたので、他人のことなのに嬉しいですね。もう一度手にしたチャンス、どうにかモノにしていただきたいです。
 頑張れ筒香外野手!

筒香嘉智がドジャース入団、トレードで獲得 最低保障年俸の金額のみ負担
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202105160000324.html

勝率が.333まで回復する

 助っ人外国人が試合数をこなし、試合に適応してきたことで、ようやく安定飛行に入ってきた感があります。勝率が.333まで戻るとは思っていませんでした。

 スタートのハンデがありすぎるので、5位、4位になれれば御の字というシーズンになっていますが、もし4月の成績が原因でAクラスを逃すとか、そういうことが発生したら、フロントの責任は重大だと思いますよ。
 監督や選手の責任は問われて、フロントの責任は問われないなどということは発生してほしくないですね。IT企業として、あってはいけない出来事だったと思います。

 ただ、助っ人外国人がいないだけで、ここまで壊滅的になるのかというのが痛いほど分かった出来事でもありました。日本人選手の層の薄さが露呈したというか。讀賣なんかは、いなければいないでなんとかなってしまうチームですからね。やはり地力が違うかなと。

 佐野外野手が首位打者の輝きを取り戻しつつあり、オースティン外野手は紛うことなき宝石。さらにソト内外野手も長打力はやはり恐ろしいものがあり、対戦相手の脅威になっているものと思われます。
 牧内野手が.285前後に落ち着いていますが、それでも十分レギュラークラスですし、打てる2塁手として固定できるとなれば非常に大きいですね。二遊間は打力に欠ける選手ばかり続いていたので……。このまま横浜を担う存在になっていただきたいです。
 宮崎内野手は調子がいいのか悪いのかよく分からないですが、今一度手がつけられない状態になって、佐野外野手と首位打者争いをするくらいに復調してくれるといいですね。

AR活用によるストライクゾーンの判定

 ふと思ったんですが、プロ野球の審判のストライク判定って、ARを活用できないんですかね。専用の眼鏡をかけるとストライクゾーンが表示されるとかそういうの。ストライクゾーンは打者の体格や構えによって可変だから無理かなぁ。
 大リーグの中継を見ていると、ストライクゾーンの表示は常に同じ大きさのような。あくまで目安としてなら使えそうな気もしますが、どうなんでしょう。
 ただ、それがあることで、それに引っ張られすぎるという問題もありそうですね。審判不要論も出ていますが、誤審は論外として、人間らしい絶妙なジャッジもプロ野球の魅力の一つではあると思うので、なくすのではなく、審判が正しいジャッジを下せるような方向に進んでくれるといいなぁと思っております。