音楽」カテゴリーアーカイブ

文化芸術活動の継続支援事業

 SNSやYouTubeなんかで、文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」についてあれこれ言われています。
 大抵の論旨が「予算が余っているんだから皆で取りに行こう」「使い切らなかったら次に同じことがあったら文化にお金が回らない」といった、使わない方が悪いみたいな口ぶりなんですが、私としてはずっと違和感がありました。

続きを読む

指揮者の矛盾

 久しぶりにYouTubeチャンネルに指揮動画をアップしました。リハーサルの動画です。

唄いました→人気出る
演奏しました→人気出る
絵を描きました→人気出る
曲を作りました→人気出る
指揮をしました→全くと言っていいくらい相手にされない

続きを読む

指揮活動再開!!!

 去る16日の日曜日、ついにオケ活動が再開となりました。
 最後に指揮をしたのが3月1日でしたので、ジャスト5ヶ月半の休止期間となりました。5ヶ月半、指揮の予定が一本も無い。ここまでの空白期間は今まで一度もありませんでしたし、こんなことが起こるなんて全く考えていませんでした。
 一足先に活動を再開したプロの皆様のSNS等を見ていると、

「合奏が出来るありがたみを噛みしめることができました」
「一緒に演奏出来る人がいることの幸せを思い知りました」
「楽しすぎました」

 とか、そういう感想が山のように出てきていて羨ましく思っていたので、自分は一体どんな感情になるかなと実はひっそりと楽しみにしていたのです。感動のあまり泣くのかなとか。言葉も出ないほど感動するのかなとか。感無量で動けなくなるのかなとか。が、まぁ実に面白味のない結果となりました。休止前と何ら変わることなく、いつも通りでした。普通に始まって普通に終わる。変わらなすぎてびっくりというか、全くもって休止前と同じ。拍子抜けしてしまいました。

 あれ、自分はもしかして相当ドライな人間なのか? 血も涙もない野郎なのか? と自問自答したのですが、まぁ実際そう思ったのだから仕方がないですよね。
 考えた末の結論としては、いつも指揮をするたびにありがたみを感じているし、いつも幸せだと思っているし、いつも楽しすぎるから、それ以上感じようがないのだということにして納得することにしました。つまり、毎回毎回を大切にしているし、指揮をしている日常が当たり前のものになっていないと。そうじゃなきゃ、人としてどうなんだよという感じですよね。でも、そういうことにしておけば、ものすごい偉い人みたいですよね。よかったよかった。あはは。

 それよりも、5ヶ月半空いたので、やっぱりなかなか手が動かない。これは困ったなぁと。戻るのにどれくらいかかりますかね。練習が出来ないとかそういうことはないんですが、思い通りになるまではしばらくリハビリが必要ですね。

 奏者同士のソーシャルディスタンスについても、ちょっと無理があるかなという感想です。
 オケは最小編成でも弦楽器の最前列から数えると5~6列はあります。各2mの感覚を空けるわけですから、最後列まで最短で8m空くんですよね。もうね、最後列に陣取ったホルンまで遥かなる距離でした。第九の合唱団の最後列じゃないんだぞと。この距離を保って大人数が入れる舞台はちょっとないですよね。
 それに、何より合奏に大きな影響があります。オーケストラは奏者間のアンサンブルが最重要なわけですが、これがかなり難しそうです。
 出来ないことはないです。が、これが新しい世の中のオーケストラの形ですよとそのまま受け入れることには疑問があります。今までより演奏クオリティが落ちることは必定で、それをお客様に、はいどうぞと出すのはどうなんだろうなと考えこんでしまいます。が、今はそれが精一杯なので、やるしかないのですが。
 受け入れるのではなく、今は仕方がないけども、元に戻していく努力は絶対に必要だと強く思いました。
 日本オーケストラ連盟を始めとする各団体が様々な実験をしてくれていますので、希望の持てる結果を見たいですし、それを世の中が受け入れてくれるように努力しなければならないと思います。いくら実験結果が良くても、ホール等がダメだと言えばその通りにはできないわけですから。
 オーケストラ受難の時代はまだまだ続きそうですが、私的には小さな一歩を踏み出せたことを大変喜ばしく思っています。

 それにしても、マスクとフェイスシールド両方必須で5m空けるというのは本当にめちゃくちゃです。どういう基準で決めたんですかとホールの事務所に聞きに行ったのですが、話が噛み合わず、全く埒が明きませんでした。
 マスク無しで大きなくしゃみをしたとき、ようやく5m飛ぶくらいなんですよ。科学的にも実証されているし、オーケストラ連盟等が実験をして結果が出ているんですよ。と言っても、吹奏楽はどうのこうの、吹奏楽はどうのこうのと同じことを繰り返すばかり。吹奏楽の話なんて誰もしてないのに。全く理解不能です。
 5mなんて聞いたことがないんですが、どういう基準なんですかという質問に対しても、対面になるので。吹奏楽の楽器は2mは離れなければならないですし。と繰り返すばかり。もしかして、対面だからお互いに2mと2mで4m、余裕を持って5mと思ってるんじゃないでしょうか。だとしたら小学生並みの考え方も出来ない相当なバカですよね。自分から2m飛ぶと仮定して、対面だからなら4mってどんな計算だよ。なんでだよ。
 いや、でもマスクありで5mなんて話しているだけじゃ飛ばないですからと言っても、最終的には、今はとにかく感染を予防しなければいけませんからね。と借字定規な答えしか帰ってきませんでした。お役所仕事万歳!
 別に5mは嫌だというクレームじゃなくて、確認と現場の意見として話しにいっただけなのに、事務所にいた人たちは、クレーマーが来たみたいな顔つきになってたし。なんなんだろう。嫌だなぁ。

 で、決まりは決まりで仕方がないですからマスクとフェイスシールドをしましたが、実は指揮って思いの外運動しているので、フェイスシールドはすぐに曇って前が見えなくなるし、手があたってずれるし、マスクとフェイスシールドで息苦しくて息切れするし、ちょっと無理でしょこれという状態でした。コロナ以前に熱中症で倒れるぞと。
 そこで、オケの方がご用意くださった眼鏡型のフェイスシールドに切り替えたところ、これが効果覿面。ほぼ影響なく続けることが出来ました。これからフェイスシールドありで指揮をする必要がある方々には眼鏡型がおすすめです。

 さて、大事なのはここからで、コロナ休業の約半年間、実はビールやお酒全般があまり美味しく感じなかったのです。たまに飲むのですが、うーん……別に無理に飲まなくてもいいや、と。
 ところが! 練習後に呑んだ、キンキンに冷えたビールは!!! 最高でした!!!!! ほんっっっとうに美味かった!!!!!
 これだよ! これ! このために音楽やってるんだよオイ! と忘れかけていたものを思い出しましたね。いや、もう、ビールってこんなに美味しかったっけと思うくらい幸せな瞬間でした。すごい笑顔になってしまいましたね。ああ、やっぱり練習楽しかったんじゃん、嬉しかったんじゃんと。よかったです。これが無かったら果たして音楽続けてるかなぁ……。
 こんな美味しいビールが飲めるようにこれからも頑張っていきたいと思います!

 そして今週末もオケあるよ! っていうか、これからしばらく毎週あるよ! やったー! 頑張ろう!

常に最高のポテンシャルを発揮するには

 しばらく音楽を聴かない期間を設けると、プロの演奏でもテンポやピッチ、縦の線の本当に微妙なズレとかが仔細に聞こえて気になるんですけど、オケの練習を毎週のように続けていると、それがだんだん分からなくなっていきます。これは耳がマイナスに補正されていってしまうんですかね。

 今週末、いよいよオケ再開なので、いくつかの録音や動画を再チェックしてるんですけど、昔の演奏は例えCDでもずれずれのことが多いし、演奏会の録画だとやっぱり生だからずれている箇所が多い。
 もちろん、それが悪いこととは思っていないし、そういうのも含めて音楽なので全然私はいいと思うのですが、事実として明らかにずれているわけです。

 でもこれ、コロナ前に当たり前のように指揮をしていたときはあまり気にならなかったような部分なんですよね。改めて聞いてみて、あれっとなっています。
 例えばクレンペラーのハイドン104番なんて、1楽章の序奏の部分、フェルマータの後とか出だしが揃ってない。我慢しきれずに出てしまっているヴァイオリンがいるし、色々ずれてる。
 他にも、単に、うおっ、すげー! と思っていた演奏も、実は合ってないところが多かったりします。それでももちろん超名演であることには変わりありません。
 最高峰のオケでも合わないところは多々あるんだから、クラシック音楽を演奏するのってやっぱり簡単ではないんですよ。でも、それを恐れて後ろ向きになってはいけなくて、常に自分の最高の演奏を目指して攻めた演奏をしていくのが大切だと思います。

 少々話がずれましたが、この感覚が鋭い(と勝手に思っている)状態を保てれば、より精度の高い合奏が出来ると思うんですけど、どうしたらいいんでしょうね。どうしてもずれが気にならない方向に行ってしまう。保とうと意識し続けるしかないですかね。

 さて、いよいよ復帰です。長期休暇を経てレヴェルアップして頑張りたいと思います。

なんの根拠も無い

 完全に愚痴なんですけど、今日、今後オケの練習で使う予定のホールから電話が来ました。あれ、使用料の支払い忘れてたかなと思って話を聞いたら、

・オーケストラの練習の時、指揮者はマスクとフェイスシールドの両方の着用が必要
・マスクのみの場合、指揮者は周囲と5mの距離を保つようにというお達しでした。(指揮者だから電話がかかってきたわけではなくて、申込者だからです)

 いや、感染者が増加しているし、警戒するのは分かります。するにこしたことはないでしょう。だからまぁ分かるし、感染増加でまた利用禁止なんてことになるより、言われた通りにして練習をした方が余程ましです。
 それでも、それでも私はやはり納得はできないわけです。
 今、全世界のオーケストラが検証し、科学的見地からの対策を提示している中、どう考えてもおかしな対応でしょう。
 マスクに加えてフェイスシールド!? 5m!? プロの歌手だってノーガードでもそんなに飛沫飛ばねえって実証されてるだろ!!! 指揮者がそんなに飛沫飛ばすかよ!(飛ばします) 何言ってんだ!? バカヤローッ!(延髄斬り)
 どの情報を参考にして、どういう判断でそうなったのか示していただきたいです。
 お役所仕事って本当に本当に嫌いです。いや、嫌いなのはお役所仕事というより、上にいる権力者たちの果てしない阿呆さ加減ですね。
 義務なら仕方がないので従いますが、根拠は伺ってみるつもりです。

18億円vs100万円

格付けのヴァイオリン、Aを聞いた瞬間にこっちが正解ってのは分かったんだけど、それよりもBの音大生が上手でびっくりしたよ。
18億円のストラドを弾く尾池さん(懐かしい……。やっぱり有名になったんだねぇ)に対して、100万円の安物ヴァイオリンを弾く音大1年生という構図だけど、劣っていたとは思わなかった。すごいぜ。

ブラ2ショック!

 ブラ2の4楽章の最後に咆哮する金管、ずっとホルンだと思い込んでいたんだけど、ブラ2をやるので改めてさらったらトロンボーンであることが発覚。
 なんでホルンだと思い込んでたんだろう……。
 地味にショック。

黒船室内管弦楽団 第9回定期演奏会

 黒船室内管弦楽団、第9回定期演奏会が終わりました。
 今回は本番2ヶ月前くらいから色々あり本当に運営周りの皆さんの苦労が偲ばれる本番でした。

 ギリギリまで、今回はついにダメ出しをしなければいけない回かもしれないと思っていたのですが、 続きを読む

メゾフォルテ

 “mf”や“mp”を当たり前のように「メゾフォルテ」「メゾピアノ」と教えられてきたので疑問を持たなかったのですが、発音として「メゾ」は違うんじゃなかろうかと、ふと思った。そもそも「メゾフォルテ」は海外で通じるんだろうか。
 “mezzo”なのだから「メッゾ」「メッツォ」と教えた方がいいんじゃないか。
 もっと言えば「“mf”は“mp”より強く“f”より弱い!」じゃなくて、原語の意味からきちんと教えた方がはるかに音楽的理解や考察が深まるのでは。
 “mezzo”は「半分」という意味であって、ではどうして“mf”という記号が作られたのか、杓子定規に“f”の半分で演奏すればいいのか、“mp”は“p”の半分になってしまうんじゃないのか等を考えた方が音楽が楽しくなると思うのです。

肘の裏

 年明けから指揮棒の持ち方を色々と変えながら工夫しておりました。

 指揮棒の持ち方についてはいつもいつも色々と試行錯誤していたのですが、今回の形がようやく確定版になりそうです。(と思いながら何度変えたことか……)

 意外と(どころか全く)知られていないのですが、指揮というのは棒の持ち方ひとつで振り方がだいぶ変わります。指揮スタイルを左右するとすら言っていいと思います。

続きを読む