三国志」カテゴリーアーカイブ

諸葛亮現る

 「三国志 Three Kingdom」でついに孔明が出てきた!
 しかしこのドラマ、配役が本当に完璧すぎて恐ろしい。孔明登場前に何人か孔明と間違われるわけですが、尽くこの人じゃないよなぁという顔つきで、いざ孔明が顔を見せた瞬間、これだよこれ! となる。ここも含めて全て計算ずくなんでしょうかね。
 徐庶も良かったし、曹仁の八門金鎖の陣を映像で見られる日が来るとは思わなかったし、もう最高ですね。
 これでようやく1/3くらい。赤壁以降、主役級が次々と死んでいくのが分かっているのが辛いですが、最後まで見届けようと思います。

三国志 Three Kingdoms

 アマプラの対象になっていたので少しずつ観ていますが、めちゃくちゃ面白い。三国志の映像化では最高峰なのでは。
 出てくる人出てくる人、絶対こういう顔だよね! という見事なキャスティング。強いて言えば関羽が小さいなくらいで、ほとんど文句なし。
 話は結構脚色されているので、三国志を知っている前提で観た方が当然楽しめる。孫堅の死とか全然違うし、曹嵩殺害はあったけど、徐州虐殺は無さそう。
 専門用語も多いので、知らないと「???」な部分もありそう。初見で「デンコクジ(伝国璽)」とか言われて説明もなければ分からないかもしれません。
 1.5倍速で観てるので、1話30分程度。まだ献帝・劉協を曹操が迎え入れ、許に遷都したあたり。呂布と陳宮の最期がどう描かれるのかとか、本当に楽しみな場面ばかり。
 この制作費がたったの25億円だというのだから、三国志好きのガチな富豪がお金に糸目をつけず、儲けも気にせず、ひたすら拘りまくった三国志の映像化とかしてくれませんかね。自分が使い切れないほどお金持ってたら絶対やるけどなぁ。
 全95話なのでいつ観終わるか分からないですが、ゆっくり楽しめそうです。