けつおけ!チラシができました 他


 けつおけ!であります。

 2009年の12月に思いつきで結成して、2010年に初公演。今回2014年で4回目の「不」定期演奏会ですから、どうにか毎年1回はコンサートを開けているのだなと思ったら、2010~2014で5年経ってました。どうも年とか時間の計算は苦手です。

 1.25年に1回のペース、つまり15ヶ月に1回のペースですね。ちょっとサボりすぎ感があります。かといって半年に1度だと、他の活動との兼ね合いでちょっと忙しいかなという感じなので、今後は8ヶ月に1度くらいでやりたいよね、などと運営では話しておりまして、次回、第5回の(ケツバット)キネン演奏会が既に2015年の2月に決定しています。

 さて、今回のチラシがこれ。

表面
裏面

 過去3回は、必ずショッキングピンクのド派手なチラシを作成していたのですが、今回は経費節減とスター・ウォーズを取り上げるということもあり、これ一本でいくことに決めました。元ネタは、言うまでもなくスター・ウォーズ公開当時のチラシなわけですが、ちょっとさくらホール行こうかなってなりますよね。ならないですか? そうですか。

 そんなわけで、けつおけ!第4回「不」定期演奏会、黄金週間中の5月4日、日曜日です。ラ・フォル・ジュルネとかいいんで、こっち来てください。皆様のご来場と熱いご声援、そして熱い差し入れをお待ちしております。ビールとか酒とかびぁとか。

 ところで、よくわかっていないのですが、私の耳に入ってきた限りでは、けつおけ!がサブカル系オケに分類されているとかいないとか。なんだそれ。サブカル系というのは、ゲームやアニメといったサブカルチャーといわれる分野の音楽を演奏することを目的とした楽団のことをカテゴライズしたものだと認識しているのですが、私の定義が違うんですかね。

 まあ、定義がどうであれ、けつおけ!のどこにサブカル系の要素があるのか、全くわからないのであります。今まで演奏してきた曲も

・ 交響曲第4番 / ベートーヴェン(本物)
・ 交響曲第4番 / チャイコフスキー
・ 交響曲第7番4楽章 / ベートーヴェン(本物)
・ 交響曲第9番 / ドヴォルザーク
・ 交響曲第1番 / ブラームス
・ ハンガリー舞曲 第5番 / ブラームス(編曲)
・ 歌劇「カルメン」より第1幕への前奏曲 / ビゼー
・ タイプライター、クラリネット・キャンディなど多数 / アンダーソン
・ 歌劇「ギヨーム・テル」序曲より”第4部” / ロッシーニ
・ 「地獄のオルフェ」序曲より”第3部” / オッフェンバック
・ ラデツキー行進曲 / シュトラウス
・ 4分33秒 / ケージ
・ フィガロフスキーの結婚 / モーツァルト & チャイコフスキー
・ 大学祝典序曲 / ブラームス

 で、今回演奏するのが、

・ 歌劇「こうもり」序曲 / シュトラウス2世
・ タイプライター、ワルツィング・キャット、フィドルファドル/ アンダーソン
・ 映画「スター・ウォーズ」組曲 / ウィリアムズ
・ 交響曲第6番「田園」 / ベートーヴェン(本物)

 といった具合で、サブカルのサの字にかすりもしないと思うのですが、どういうことなんですかね。不思議でなりません。どうしてこうなった。

 若干該当するかなと思ったのが、アンダーソン曲集とスター・ウォーズですが、アンダーソンについてはファミリーコンサートということで、小さなお子さんでも割と楽しんでもらえるかなという観点で選曲していますし、そもそもサブカルではないでしょう。また、スター・ウォーズを演奏するからサブカル系という話は聞いたこともありません。スター・ウォーズを演奏したアマオケはこれまでも結構あると思うのですが、それらはサブカル系に分類されるんでしょうか。逆に、ドラクエを演奏する市民オケもあるわけで、それはサブカル系に入れないとおかしいという話になってしまいます。

 こんな具合で、いくら考えても答えが導き出せず、困惑しております。いうなれば、サザンオールスターズのファンである私が、「サザンはデスメタル系バンド」とかいわれているのを目の当たりにし、それが流布されてなぜか当たり前のものになっていることに面食らっている感といいますか。

 運営内にて全会一致で結論づいているのは、けつおけ!はサブカル系に分類される団体であるという認識で活動はしていないということです。だって意味わかんないし。誰が最初に言い出したのか、何を元にサブカル系だと思ったのか、とても気になって夜も眠れない日々をすごしているわけでもありません。

 ちょっと思ったのが、陸前高田にオーケストラを、でMOTHERの曲を演奏しただけで、ゲーム音楽系団体に分類したうえで世間に公表されたという、相当アレげな事案が発生したらしいという話を聞いたことがあるので、そういうアレなのかもしれませんね。いや、具体的には全然知らないんですけど。例えそうだったとしても分類される理由がないし、全員の意図じゃあるまいて。その件は、陸前高田オケの代表が大層不快に思ったようでして、気づいてすぐに削除要請を出したそうです。うーん、実にアレな感じですねえ。しかしどうせやるなら、一度でもサブカル系音楽を演奏したことがある市民オケを強制的にサブカル系演奏団体に分類して華々しく炎上していただきたいものです。陸前高田オケの第2回ではそういったアレな事態が発生しないことを願ってやみませんので、ご配慮のほど賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 いずれにせよ、サブカル系に分類されることで、けつおけ!の存在が様々な人の耳目に届くのであればありがたいことではありますので、カテゴリーから除外してくださいというつもりはありません。サブカル系だと感じたなら、そう思っていただくのは自由だと思います。むしろ、普段クラシックを聴かない層の方々が足を運んでくださり、交響曲とか聞いてくれたら嬉しいことです。「こうもり」とか聞いてて楽しいです。そんな具合に異文化交流とか何かのきっかけになればいいんではないかなと。思わぬところでプラスの作用が出たなと。そう思えたら全体の利益になるのではないでしょうか。とはいえ、こういうことを書くと除外される流れになるのだろうなと思うわけですが、その辺は私がコントロールできるものでもありませんから成り行きに任せたいと思います。

 別に大した話ではないので黙っててもいいんですけども、すごく不思議に思ったのと、違うものは違うので、けつおけ!はサブカル系オケではないことを表明しておきたいと思います。

 とりあえず、最初に言いはじめた奴ちょっと来い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>