三嶋投手のクローザー剥奪は失策である

 三嶋投手のクローザー剥奪は間違いだと思っています。
 異常に打ち込まれているのは讀賣戦だけで、後は阪神と相性が良くない以外はきちんと抑えているはずです。
 今季の試合をある程度を見ていれば分かるはずなのに、打たれたからクローザー失格だ、三嶋はダメだとか騒ぐ人たちは本当にファンなんでしょうか。いや、野球を見ているんでしょうか。ファンという名の騒ぎたいだけの人たちなのでは。
 対策としては、讀賣戦で投げさせなければいいだけのこと。クローザーというのは全球団に平等に投げなければならないという縛りでもあるんでしょうか。
 讀賣戦は誰が抑えるのか。どのみち打たれるなら、エスコバー投手でも誰でもまずは試してみればよいでしょう。さもなくば、成績を見て相性の良い投手か、その時々に調子の良い投手とするしかないでしょう。
 じゃあ三嶋投手の後釜は誰なんだと言うと、恐らく山崎投手が指名されると思うのですが、今の彼にクローザーは無理でしょう。残念ですが、去年から決定的にダメになってしまった。中継ぎでも騙し騙しだと感じているので、クローザーに転向したら確実に打たれます。9回を締める力は無いです。確率的には三嶋投手の方が遥かに抑えるはずです。
 本当に三嶋投手をクローザーから外すのであれば、大失策になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA