秋の気配

 八月は充実しながら、矢鱈慌ただしく過ぎていった。
 最後の日、少し秋の気配を感じたと思ったら、月が変わった途端、秋に塗り替わった。
 夏は暑いのが嫌だが、嫌いじゃない。でも秋の雰囲気はもっと好きだ。