ラーメン」カテゴリーアーカイブ

激辛論

 元々辛いもの好きではありますが、いつでもどこでもというわけではありません。が、妙に辛いものが食べたくなる時があります。
 例えば、呑んだ翌日。辛いものを食べるとアルコールが抜けるという根拠のない発想が根底にある気がします。アホですね。

 先日、2日連続で辛いものを食べたのでご紹介。

 1日目がアナンダのスープカレー8番。

 2日目が蒙古タンメン中本の冷やし味噌5倍。

 冷やし味噌については、5倍になるともはやスープがペースト状になり、麺に絡ませて食べるようになります。つけ麺という感じではないので、ちょっと微妙。つけ麺として食べるなら3倍が限度っぽいですね。
 辛さは5倍なら余裕です。というか唐辛子のみだと量を増やしても辛さに限界があるというのが持論です。ですので、冷やし味噌を問題なく食べられる人は自動的に5倍もいけるのではないでしょうか。

 次にアナンダのカレーですが、あまり辛そうに見えないというのがミソです。これ実は辛いです。横浜駅周辺一の激辛店ではないでしょうか。逆に言えば、横浜駅で激辛を食べたければ、中本かアナンダしかないです。他にあったら是非教えてください。

 今回8番にしましたが、過去に8→10→11→8→6という感じで、ここしばらくは6番に落ち着いていたのですが、どうもいけそうな予感がしたので久しぶりに8番にアップしてみたところ、問題なく完食できました。この感じだと10番までいけそうです。ちなみに、アナンダの8番は、中本の冷やし味噌5倍より辛いです。

 さて、今まで食べた中で最も辛かったのが、この「札幌スープカリー アナンダ」の11番。
 このお店は辛さが15段階に分けられていて、2回ギアが上がるように作られています(辛味スパイスが入っていない0番は除外)。
 1~3、4~10、11~15番の三段階に分けられていて、それぞれの段階で使用されているスパイスの種類は同じで、投入する量が異なり、段階が変わると新たな激辛スパイスが投入されるという仕組みになっています。
 一度、10番を完食したので11番に突入したのですが、全く次元が違う辛さに、初めて身の危険を感じました。
 数口はまだ大丈夫なのですが、しばらく食べていると異常な汗、そして口内を激痛が襲ってきて、手や体が震えだし、本能が食べることを拒否し始めます。これは食べてはいけないと。

 本来、激辛を食べるときに水は禁忌です。水を口に含んだ瞬間は和らぐのですが、その後は無間地獄が待っています。口の中の成分を水で洗い流してしまうと、新たに辛味を受け入れる余地が出来てしまい、次から次へと辛さの波状攻撃を食らうことになります。一口食べては水を大量に飲むという悪循環が始まると、激辛制覇の成功率は下がるのです。
 身の丈に合わない激辛に出会ってしまったと思ったときは、一度食べ始めたら最後まで一気に食べきる。これが鉄則です。逆に、水を飲んでも平気な場合、すなわち、普通に食べられる場合は、まだ上に行けると思っていいでしょう。私にとって中本の冷やし味噌5倍はそれにあたります。ですので10倍もいけそうですが、これ以上は美味しくなさそうです。

 しかしながら、アナンダの11番のときは無理でした。水で誤魔化して一口ずつ流し込んでいかないと、とても完食は無理。ギブアップしそうな弱い気持ちを抑え、必死(まさに必死です)で食べました。耳鳴りがして耳も聞こえづらくなり、視界も暗く、若干狭くなりと体調の異変を抱えながらもなんとか完食しました。
 そういう過去があるので、11番以上はもう頼むまいと考えていました。しかし、今回、ちょっときついなと思っていた8番を余裕を持ってクリアできたので、耐性が上っている可能性が高いと判断しています。
 次回10番に復帰してみて、良い感触が掴めたら、その次は11番にリヴェンジしてみたいですね。
 人間は挑戦を諦めたとき、年老いていくのだと思います。いつか15番を制覇するぞという挑戦精神を常に持ち続けて生きていきたいと思うものであります。

壱角家

 以前ボロクソにこき下ろした、いわゆる偽家系の系譜です。

 二度と行かないと思っていたのですが、実に4年ぶりにふらっと足を踏み入れてしまいました。以前の記事はこちら。

家系ラーメン紀行 #05「壱八家」
https://blog.185usk.com/2016/01/post-261915.html

 一口目にスープを飲んだ時点で即戦意が失われました。家系ラーメンと全然味違うでしょ。これ家系ラーメンじゃないでしょ。家系を名乗っちゃダメでしょ。
 はっきり言って論ずるに値しないので、感想は以上でお仕舞い。

見た目だけは若干それっぽいが……。

 家系を名乗っていなければ別に怒りも湧かないのですが、家系ラーメンと言い張っているところが盗人猛々しいというか、恥知らずというか。
 行かなきゃいいだけなんですけど、こういう偽家系がチェーン展開しまくっているおかげで、これが家系ラーメンなんだ、家系ラーメン美味しいね、家系って美味しくないなという誤った認識を持っている人が爆発的に増えていて、それが悲しいのです。

 全部に適用できるわけではないですが、簡単な見分け方をいくつか挙げておきます。

続きを読む

らーめん紫龍

 豚骨スープのいわゆる博多ラーメンかと思いきや、そうではなく城南ラーメンだという。

 注文時に麺の太さからスープの濃さ等、好みをとても細かく決めることが出来る。家系ラーメンより遥かに細かい。

 何やら黄金の組み合わせがあるとかで、その組み合わせを真似て注文。細麺、ニンニク多め、背脂普通、青ネギ、辛味噌付き。半熟卵は乗せなかった。なかなか美味しかった。組み合わせ次第で自分好みの完璧なラーメンを頼めそうではあるが、そこに行き着くまでに何度通えばよいのか分からない。

 後で知ったのだが、歌舞伎役者の中村七之助丈ご贔屓の店だそうで、好みの注文も七之助さんの定番。七之助丈も、元は中村獅童さんにつれてきてもらったのだとか。

 そんなわけで、勝手に七之助ラーメンと名付けた。またそのうち行ってみたい。

七之助ラーメン

七之助ラーメン

家系ラーメン紀行 #06「つばさ家」

 立川にある家系ラーメン。呑んだあとに立ち寄る。

 カウンターのみで10人も入れないようなこじんまりとした佇まいの店。主もいい感じ。

 悪いとは思わないが、私の求めている家系ラーメンではなかった。本流というよりは、クリーミー系の亜流に近いと思った。

 後から調べてみると、主はどうも六角家で7年修行したようなのだが、言われなければ分からなかったと思う。

 呑んだ後だったので正しい判断が出来ていない可能性がある。機会があればまた行ってみよう。体重は増えた。

ラーメン(670円)

ラーメン(670円)

たれ蔵

 半地下のような佇まいと、「店長ラーメン」の文句が気になっていた店。

 ごく普通のラーメン屋だった。特筆すべき点があるとすれば、店長ラーメンだけ異常に安いというところか。店長を具材に使用しているだけあって、材料費がかからないためか、明らかに価格設定がおかしい。

 もう一回行ってみようとは思わないかな。

店長ラーメン(520円)。あまり食欲をそそらないビジュアルだ。

店長ラーメン(520円)。あまり食欲をそそらないビジュアルだ。

つけ麺や 武双

 鶏白湯と鶏魚介がウリらしい。どちらか選べるのだが、どちらもついてくるセットを購入。

 鶏白湯にしても鶏魚介にしても、いかにもというわざとらしい味。これぞ今流行りのつけ麺でございという味付けのスープ。オリジナリティは特に感じなかった。麺も小麦がどうこうと書いてあったが弱い。トッピングの穂先メンマは美味しかった。

 んー、このラーメンに1,250円はないでしょ。もういいかな。

二種つけ麺(1,250円)。大盛り(400g)無料。

二種つけ麺(1,250円)。大盛り(400g)無料。

とんこつらぁ麺CHABUTON

 久しぶりに行ってみたら店の感じがガラリと変わっていた。昔は黒に木目調の内装で、もう少し本格的な感じがあったのに、白を貴重としたプラスチック風の軽い感じの店構えに。いわゆるオシャレではなく、オサレ系ラーメン屋。あまり好きじゃないな。そもそも「らぁ麺」というのが好きじゃない。

続きを読む