お問い合わせ


お問い合わせ、お仕事の依頼、ファンレター、お問い合わせ、不幸の手紙、お問い合わせなどはこちらからどうぞ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

お問い合わせ」への4件のフィードバック

  1. 安東裕躬

    私共の第10回定演にお越し頂き有難うございます。わたくし共のオケにはトレーナーを始め何人かのプロのプレヤーの方が参加して下さっています。その中で、東京交響楽団にいらしたヴァイオリニストが毎回ご自分の「nekotama」というブログで私共の定演についてご感想を書いて下さいます。今回も下記のアドレスでご覧頂き「関東学院大10回定演」をクリックして頂くと、そのヴァイオリニストのが感想がご覧頂けます。ご一読頂ければ幸いです。
    http://nekotama-abc.blogspot.jp/

  2. connie_kako31

    仙川アヴェニューの顛末記事にてリンクを貼っていただいたブログの管理人です。
    見つけて下さってありがとうございました。
    仙川の件、あれから続報らしい続報がないばかりか過去のブログ投稿も削除されていたりブログごと消失していたり、どうなったのかと気にはなっていたのですが、そういうことだったのですね。
    拙ブログをお読みいただければお分かりかとは存じますが、残念ながら意外な気はしません。さもありなんという感じです。被害に遭われた方々にはお気の毒に存じます。まともな会話がまったく通じない方なので、おそらく物事を進めるは難航するでしょうが、どうか負けずに最後まで頑張ってくださいと言いたいです。
    ある意味、今回の被害に遭っていない市原様やわたしは制裁を恐れることなく自由に発言できる立場ですね。

    仙川もですが、こんなことを言っては申し訳ないのですが、こちらのホールも少々気にかかります。
    http://www.pianohouse.co.jp/index.html
    こちらもいずれ仙川と同じ道をたどるのではないかと。
    見当違いな杞憂なら申し訳ないのですが、ホール運営というのは夢や情熱だけでできるものではないと思うのです、確かな経済基盤がない限り。不動産取得にもピアノの購入にも相当な額のお金がかかっているでしょうし、今後の運転資金もかなりの額にのぼるのではないかと想像するのですが、どうもそういった基盤が見えてこず……
    ブーニンのコンサートは結局どうなったのでしょうか。
    実はそれをネットでググっているうちにこちらのブログに遭遇しました。

  3. connie_kako31

    こんにちは。いつぞかはお返事ありがとうございました。

    >こちらもいずれ仙川と同じ道をたどるのではないかと。
    早くも同じ道をたどったようです。。
    超高級ピアノが3台、オークションに出品されています。

    演奏の道は楽ではないですが、やはり地に足のついた地道な活動が結果的には演奏家も聴衆も生かしていく道なのかと思う今日この頃です。
    市原さまも頑張って下さい。どうかよい音楽を。
    失礼いたしました。

  4. 居眠狂四郎

    にしゃんた氏の件、よく言ってくださいました!私はこのにしゃんたなる人物が大嫌いなのです。彼のブログを見ていただければわかりますが日本で地位と金を手に入れたら途端に日本を批判し、貶める記事を書き、さっさと見捨てた祖国スリランカを賛美する記事を連発する——-確かに猪木氏は公人としては軽率ではあったが決して悪意はなかったと思う。然るにこのにしゃんた氏は自身も大学の教員という身でありながら彼の日本批判は明らかに悪意がある。だから彼が猪木氏に関する批判を知らぬ間に大幅に変えているというのは非常に納得できる。有りうることだ。祖国をさっさと捨てるような人間は帰化した国も裏切るものだ。石平氏や呉善花氏が日本批判したなど聞いたことがない。にしゃんた氏の性格、人格を考えれば「さもありなん」です。こういう人間が大学で青少年を教えているのですから非常に嘆かわしいことです。

コメントは停止中です。