スポーツ」カテゴリーアーカイブ

横浜が負けた時ばかり反応を見せる心理について

 横浜ベイスターズが勝っている。

 過去、信じられないくらいボロ雑巾のように負けることしか出来なかった交流戦をまさかの3つ勝ち越しという成績で切り抜けたのには、辛口フアンを自称する私でも感銘を受けた。何をしても勝つことが出来ない絶望の季節だったのが、一転して上位浮上の切欠となるとは一体誰が予想したであろうか。横浜フアンの誰もが予想だにしなかったのではないだろうか。そうに違いない。

続きを読む

日本代表が決勝トーナメントに進むも1回戦で敗退す

 日本代表負けちゃいましたね。

 起きられたら見ようくらいのつもりで目覚ましもかけずに寝たのですが、なんと前半終了くらいの時間に目が覚めまして、後半から見ました。2点取った時点で、ちょっと時間が早いのが心配だけど、これはもしやと誰もが思ったのではないかと思われますが、やはりそうは問屋が卸さない。現実は無情でありました。これが実力差というものでしょう。取られた1点目はそんなのありかという感じでしたが、後の2点は完璧で、こういうのを確実に押し込んで来るんだなというところに凄味と底力を感じました。3点目なんか、点ってこんな一瞬で取られるもんだなぁというくらい美しいカウンターでした。他にも結果的にポストに救われたものの失点確実という決定機もありました。

続きを読む

プロ野球ドラフト会議に改善要求を突きつけたい

 2017年のドラフト会議、終わってしまいました。今年も指名されませんでした。自宅で携帯電話を前に待機していたのに無念の極みであります。

 ところで、ドラフト会議で一つ改善していただきたいことがあるのです。指名が競合した場合、くじ引きになるではないですか。あれ、抽選箱から封筒を選んだら、アシスタントみたいなお姉さんが封筒を開けてくれて、全員が抽選箱から引き終わるまで待つじゃないですか。で、「それでは開けてください」みたいなアナウンスがあって全員封筒からくじを出して当落を確認するわけですが、誰かがゴソゴソやっている最中に「よっしゃあ!」みたいなリアクションで結果が分かってしまったり、まだゴソゴソやってるのに「外れた……」みたいなリアクションしたり。これは当落の緊張感を味わい、天国と地獄の境目を目撃する瞬間としてはあまりにぬるすぎで、興醒めでありますので、どうにかしていただきたいと思う次第です。

続きを読む

さらば山口投手、横浜を去る

 それにしても最悪な顛末だなぁと思ったので書いてしまいます。

 私は元々山口投手はそれほど評価していなかった(文字で書くと偉そうに見えて申し訳ないですが)ので、出ていくなら仕方ないですよね程度の感想なのではありますが、FA宣言からの一連の流れは本当に最悪だなぁと。ファンの気持ちを逆撫でしているようにしか見えない行動につきまして、炎上防止のアシスタントを雇った方が良かったのではないかと思った次第です。

続きを読む

横浜×ヤクルト 第21回戦 桑原外野手に見たもの

 負けた負けた、また負けた。というか、今年は私が見に行った試合は一つも勝っておりません。いや、テレビで見た試合も全部負けているような気すらいたします。

 今日の試合は勝てた試合だったはず。現地にいて肌で感じたのですが、負けに至ったターニングポイントは先発石田投手の交代だったと、そう思います。

続きを読む

横浜ベイスターズファンの有名人

 野球関連サイトを見ていたら、こんなまとめがありました。

DeNAファン歴19年のワイがベイスターズファンの有名人で打線組んでみた
http://absurd.blogo.jp/archives/48369779.html

 内容は見ていただければ分かるのですが、問題は、何故市原指揮者の名前がないのか、というところです。

 特に>>83で「政治家とか芸術家とかそっち方面はいてへんのか?」と書かれているのに、私の名前が出てこないのは嘆かわしい限りです。横浜ファンの指揮者代表として全力で挙手させていただいているのにも関わらず、これは許されません。こちとら、もう25年以上もファンやってるんですよ。てやんでい。生粋のハマっ子だっての。ハマっ子カードも持ってるよ!

 えっ、お前は有名人じゃない? 芸能事務所に入ってたのに? 新潟出身だろって? マジですか? なんたる盲点。出なおしてまいります。