トイレ行きねぇ


 以下の科白は飲み会などで2名以上が同時にトイレに行きたくなったがトイレは一つしかないという局面で、相手に順番を譲る時に使用するものです。

 中腰になり、手のひらを上に向けて相手の方に差し出しながらこう言いましょう。

「行きねぇ行きねぇ、トイレ行きねぇ。あなたにゃあ一宿一飯の義理がございやす。あっしはここで漏らしやすから。行きねぇ行きねぇ、トイレ行きねぇ」

 これを使えば、飲み会の場が一瞬にして清水次郎長子分、森の石松を彷彿とさせる名場面となるでしょう。