はじめてのえんじょう


 7月6日のトゥイートが、なぜか2週間ほど経過した昨日(18日)の夜から炎上しているようです。

 これを書いている時点で2,700RTくらいです。さすがにそろそろ止まるでしょう。

 このトゥイートの意図としては、

 「(なんだこりゃ)!!?(和牛と言い放った直後に豪州牛100%!? そういう話はうっすら聞いたことがあるしなんとなく分かるけど、それにしたってこの書き方は誤解を生じさせるというか、一般消費者向けのコピーとしては大失敗の部類じゃなかろうか。調べてみたらやっぱり和牛は種類で豪州牛は生産地ってことで、表記上の間違いじゃないのね。しかしインパクト強いし面白くて笑ったからフョロワーの皆に見せたろ!)」

 であったのですが、その時は1RTで終わりました。なぜだ。

 そこまでの意図は140文字程度では書けないし書くつもりはなく、全部書くのも無粋だと思うわけで、そこに面白みを見出す侘び寂びと言いますか武士道と言いますかフジヤマニンジャハラキリテムプラの精神と言いますか、いずれにせよ、これが間違いだとか、おかしいだとかは何一つ書いていないわけですね。ところが、書いていないので当然様々な捉え方をされるわけで、それは書いた側の責任ですので全然よいのですが、そういう議論の余地を残しておくのが炎上のメカニズムの一つなのかな、などと考察されます。

 私が無学なだけな可能性も高いですが、そもそも「和牛=品種」で「豪州牛=産地」というのは一般常識とは言い難いものがあるというか、分かりづらすぎだろと思う次第です。興味深かったのは、識者から説明を受けて「なるほど、それなら問題なし!」という反応を示される方がいらっしゃったというところです。「いや、だとしてもそれおかしいでしょ」とはならない。私といたしましては「和牛の旨み。豪州牛100%」と書かれたら「和牛(和牛とは言っていない)」と捉えるのが自然で、例え定義などは間違っていなくとも、この表記自体に問題があるため根本的な原因を改善すべきではないかと思ってしまうのですが、決まりを守っているなら特に問題ないと思われる方もいらっしゃるようです。

 そんなことを踏まえつつ、今回のケースでは以下の書き方ならおかしいなとはならなかったのではないでしょうか。

「和牛の旨み。豪州産100%ハンバーグ」

 もしくは

「豪州産和牛100%の旨み」

 もしくは

「豪州産100%和牛100%の旨み産ハンバーみグ旨み旨み産」

 これだと、ああなるほど、豪州で育った和牛なんだなと一発で分かるはずです。詳しいところまでは調べていないのでアレですが、そうなっていない辺り、表記に厳密な決まりがあるんでしょうかね。だとすると、その決まり自体が何か間違っていると感じてしまいますので、美味しんぼあたりで糾弾される前にどうにかした方がよいのではないかと思う次第です。

 ここからは余談になりますが、普段トゥイッターの通知は切っているんです。本当に稀にですが、トゥイートがそれなり(と言ってもこれまでは多くて200程度ですが)のRTになることがあったりして、いちいち通知を受けていたら面倒だし、別にお知らせしていただかなくていいと、かなり前に切ったのですね。

 なのでRTされようが基本的には気づかないのですが、メール通知は切り忘れていたようです。ただ、メール通知と言ってもどういうアルゴリズムなのか分かりませんが、全てのRTの通知が来るわけではなく、一部のもののみのようです。そのため、普段はちょこちょこメールが来る程度で気づかないと。

 ところが、昨日の夜にさて寝ようと思ってメーラーをチェックしたら、40件ほど新着メールが来ていまして、これは何事だと見てみたところ、例のトゥイートがRTされていたのが原因でした。まぁこの程度朝になれば終わりだろうと思っていたのですが、翌19日の昼過ぎから徐々に加速が始まります。300RTを超えたくらいでふと、よく「炎上すると通知がひっきりなしにブインブイン来て面白い」と聞くなと思い出しまして、これは有名人気分を味わうまたとないチャンス、今を逃したらもう先は無いとばかりに、公式クライアントにアカウントを登録のうえ、通知をオンにしたのに全く通知が来ない。その間にもRT数は増えている。なんだこれはふざけるなガッカリだよと設定を見なおしてみると「誰からでも」にチェックが入っていないではないですか。しまったとすぐさまチェックを入れると、ブインブイン来ました。ずっとブインブイン言って止まらない。メールが来たのかトゥイッター通知なのか分からない。それでも全部来ているわけではないようです。明らかに数が見合っていないので。たかだか3、000RT弱でこれですから、確かに3万RTだとか行くと、これは日常生活に支障が出る可能性があるなと。私の身の回りに3万RTを達成した人が2名ほどいまして、それに比べたら月とスッポンであり井の中の蛙でしかないのですが、少しだけ片鱗を味わうことができてとてもよかったですおわり。それでは今日も良い一日をお過ごしください。