古参に近づいている感がいたしました


 今年から横浜軍に加入したロマッ……エリアン内野手ですが、応援歌を聞いたら懐かしいレイノルズの歌の再来ではないですか。

 おお、レイノルズ! と思っていたらインターネッツではサンダースだのなんだの言っている方がほとんどで、そうか、レイノルズなんてもう知られていない遠い彼方のお話なんだなと、悲しいやら古くからのファンを名乗れる日も近いのかと嬉しいやらで複雑な心境です。

 大洋ホエールズから横浜ベイスターズに生まれ変わり、横浜スタジアムにてベイスターズお披露目のイヴェントが開催された際、抽選に当たったか何かで、新しい球団旗を持ってバックスクリーン下の入り口からフィールドに入場したのを思い出しました。応援団に「ルパン」という渾名のおじさんがいて、その方がビリーブ、ビヘイビアだとかなんとか言ってたのも走馬灯のように思い出されます。果たして本気でビリーブしていたファンが何人いたのか、そして高木豊など一時代を築いたスターは早々にクビを切られるわけで、ビヘイビアもクソもあるかよと、ただ生まれ変わるためには仕方なかったのだと思いますし、実際その後優勝しているわけで、嗚呼、長くなるのでこの辺でやめておきましょう。

 そういえば、横浜軍は新しめのファンが多いと聞いたことがあるような気がいたします。だから最近なぜか前向きな人が多いんですかね。20年以上ファンを続けている人でポジティブな人は見たことがありません。例え根はポジティブでも、絶対に表に出さない人ばかりかなという印象です。

 今年はとにもかくにも悲願のCSに出場を目指していただきたく思います。無理ではない、そんな気がしています。ただ、リーグ優勝でないならCS突破はしなくていいです。生きているうちにリーグ優勝&CS突破&日本一が見たいものであります。無理かな。

 市原指揮者はいつなんどきも横浜ベイスターズを応援しております。