横浜×ヤクルト 第17回戦


 なかなかお目にかかれない試合を見に行ってきました。

 今日は「三浦 – 小川」という両先発。両者とも対戦チームに相性がいい同士の先発でした。小川といえば、今年最初の観戦、雨の神宮で手も足も出ない、あわやノーノーかという投球を見せられていたのでトラウマになっておりました。

 横浜先発の番長三浦は先頭バッターの比屋根を1球で打ち取ったものの、立ち上がりがピリッとしません。

 2番、3番に連続安打を許し、1アウト1,3塁とピンチを作るも、4番畠山をショートゴロに打ちとる、と思わせて白崎がフィルダースチョイスで1点を献上。このフィルダースチョイスが今日の試合を決定づけたターニングポイントだと思っております。

 その後はヤクルト打線を全く抑えこむことができず、あれよあれよと打者一巡の猛攻で気づけば初回4失点。今日も元気に初回失点であります。

 この時点で早くも敗戦ムードが漂い始める1塁側内野スタンド。が、今年のベイスターズは4点なら跳ね返せるという気持ちがまだどこかにあるため、負けの二文字を頭から追いやって応援を続行いたします。

 2回以降は立ち直った番長ですが、打線がライアン小川を攻めあぐね、無得点が続きます。すると4回、先頭の3番宮崎のツーベースに続き、主砲筒香が2ランホムーランで2点差に詰め寄ります。そしてここからがベイスターズの真骨頂。

 ノーアウトで2点を取っていけいけの追い上げムードかと思いきや、その後に続く打者がいとも簡単に三者凡退。この時点で嫌な予感以外しなかったファンは多いのではないかと思われます。

 その予感は的中し、続く5回表に番長が捕まり連打で2点を献上。筒香のホムーランは無かったこととなり、再び4点差に。

 するとその裏、代打で出た乙坂が事故っぽいソロホムーランでその差を3点とし、おっ、これはもしかすると追い上げて勝てるのかという淡い希望を抱かせる状況を作り出すことに成功します。

 その後、リリーフの平田、大原が素晴らしいピッチングを披露し、試合は膠着状態となるものの、ドラマは9回に待っておりました。

 この回出てきた林が完全にバッティングピッチャー状態で、打者8人に対し、安打7本、犠打1本、自責点7というパーフェクトなピッチングを披露して試合が壊れます。

 勝ちの目はなくなったのだから、これはもう林に責任を取らせて9回を最後まで投げさせるべきだ。そして試合後、即横須賀へGOだなと球場の誰もが思ったところで何故か福地へ継投。

 変わった福地も火が着いた乳酸菌打線を前に全く相手にならず、4安打、自責点4という悲惨な投球を見事に引き継ぎゲームオーバー。

 結果、9回表に11安打11失点というとんでもないスコアが記録され、17-3でジ・エンド。

・初回大量失点
・無駄な希望を持たせる追いつかない程度の反撃
・草野球並みの大量失点

 という貫禄の横綱相撲を見せつけた横浜軍でありました。古き良き大洋時代や数年前の暗黒時代へタイムスリップしたかのような試合展開に、1塁側スタンドからも惜しみない拍手が送られておりました。

 現場からは以上です。

 というか、今日の試合は酷すぎた。9回はもう行けるところまで行けと敵軍の打者の応援が始まる始末。林はとてもじゃないけど抑えられる気がしなかった。終わらない9回表。最後はもう温情っぽい感じで凡退してくれてた感がある。

 試合後の監督の言葉は絶対に「見せてはいけない試合」だと予言したら、本当にそうだったのでたまげた次第です。

 あ、今日はいくつか予言を当てました。言霊でしょうか。

・試合前「今日は筒香がホムーランを打つ」
・代打乙坂「意外性のソロホムーランが出る」
・9回表山田「ここは3ランホムーランを打たれる」
・試合後「監督の言葉は『見せてはいけない試合』だ」

 ただ、これだけ大敗しても1敗は1敗ですからね。逆にショックの少ない敗戦で、明日は切り替えられるんではないかという気もします。なんせ今日負けて4位に後退したけど首位と0.5ゲーム差ですから。

今季観戦成績 1勝2敗