野球が開幕して嬉しくて死ぬ


 長い冬が終わり、いよいよ待ちに待った春到来であります。

 昨年見事日本一に輝いた我らが横浜軍ですが、今年はと申しますと、例年になく妙に勝てそうなラインナップでありまして、オープン戦ではその強さを証明、なんと12球団中2位になってしまいました。

横浜ベイスターズが日本一になれた4つの理由
http://blog.185usk.com/2014/10/post-151433.htm

 すわ今年こそは優勝。いやいや、優勝とまでは言わずとも、悲願のクライマックスシリーズ出場は果たしてくれるのではないかと今から楽しみで仕方がありません。

 とまぁここまでは毎年のテンプレみたいなもので、もう何年も何年も「今年は行けそう症候群」を患っておりますので、期待しないのが正しいところではありましょう。でも本当に思ってるんですよ。今年は行けそうだって。この時期は。この時期だけは。

 今年は何といっても、その片鱗を見せ続けては微妙な成績に甘んじてきた筒香主将がいよいよ覚醒の時を迎えるのは全横浜フアンの目には明らかであり、村田何某などというどこかにいった三塁手など比較にならない主力、横浜の星、ハマのスターになるのは必然でありましょう。そうして数年後には某讀賣に行ってしまうのですよね。虚しすぎて涙が出てきます。お願いだから番長を見習ってすくすくと育ってください。

 では今年の順位予想です。

1 横浜
2 広島
3 ヤクルツ
4 中日
5 阪神
6 讀賣

 これでしょう。これしかない。これでお願いします。しかし、こんなものは所詮願望にすぎません。妥当な線としては大変残念ですが、

1 讀賣
2 阪神
3 広島
4 横浜
5 ヤクルツ
6 中日

 こんなところにしといたるわ。まぁしかし、オープン戦だけ見れば、讀賣のBクラスも夢ではない状況ですので、ここは5球団結託して潰しにかかるべきであろうと思います。讀賣には必ずエース級を当てろ。いいな。そして横浜にはローテの谷間のピッチャーだけ当てろ。分かったな。

 そして本日の開幕戦の予想です。

 1-4で横浜の勝利! ツッツがソロホムーランを打つ! そのまま讀賣は開幕3連敗!

 以上! 本年も、どちら様も殴り合いながら頑張りましょう! やきうの時間だああああああああああああああああああああぁぁぁぁ!!!!!