居酒屋はサイレント2時間ラストオーダーをやめろ


 いつからこういう方式が流行りだしたのか定かではないのですが、最近は混雑した場合2時間制にと入店時に断りを入れる居酒屋が多いように思われます。

 同じ客に居座られるより、一人でも多くのお客さんを迎え入れたいのは分かります。回転させねば単価が上がらず、売上に如実に影響します。なので、2時間制自体については特に不満はありませんよ。

 ただ、最初に「混雑した場合は2時間制になる事があります」と言っておきながら、何の予告もなく90分でラストオーダーを取りに来る行為は許されざるものであろうと思ってやみません。

 入店時、2時間制になる事がありますと言われた時点では、あくまで混雑した場合の可能性の話であって、途中で2時間制に変更になっても構いませんよという前提を受け入れただけであり、2時間制そのものを承諾したわけではないわけです。それを、何の断りもなく2時間制なのでと悪びれもせず言ってくる店の関係者は練辛子で歯磨きをしていただきたい気持ちでいっぱいです。

 混雑2時間制を敷いている店舗には提言差し上げたい。飲食している側が混雑しているか否か判断出来るはずがないのだから、2時間制にするなら、2時間制にすると決めた時点でまず伝えに来るべきだ。何時に入店したかなど覚えていないのだからなおさらだ。何時までだと伝える必要があるだろう。おっ、混雑してきたっぽいから2時間で終わりだネ、などと店全体を俯瞰してファジーな判断を下しながら呑んでいる客などいない。皆無だ。何も言われなければ2時間制になっていないと解釈するのが人として自然であるのだから、何の予告もなくラストオーダーを取りに来た店員は漏れなくズボンのポケットに穴が開いてスマートフォンをアスファルトへ落下させてディスプレイが蜘蛛の巣状になっていただきたい。

 というかですね、予期せぬ出来事に「えっ」としか言いようがないし、いきなりラストオーダーとか言われても、まだ注文していないメニューとかあるわけで、次はこれとか考えてるのがね、もうぶち壊しなんですよ。

 これだけ言っても分からないインチキラストオーダー野郎の為に噛み砕いて説明しよう。いいか、例えば自分が抑えのピッチャーだったとする。10対1で勝ってる試合中に、「点差が詰まってきたら行くぞ」と言われたとしたら、2点差3点差までは出番が無いと思うのが自然だろ。それが1点取られただけでいきなり行けと言われたら困るだろ。マウンドに行く前にブルペンで肩を作らなきゃあいけないし、精神的な準備も必要だよな。確かに1点取られたので「点差が詰まった」と言えるかもしれない。でも、そういった必要な手順を全く無視して、恣意的な判断で一方的に言われても納得がいかないだろう。ラストオーダーだと無神経に言いに来る君たちはそれをやっているんだ、分かるか。そうだ、無神経なのだ。自分の都合だけを優先した無神経。これはいけない。理解できない奴は一度抑えのピッチャーをやってみろ。私はやった事がないけどな。何? 例えがおかしい? 気にするな。

 というわけで、飲食店の皆様におかれましては、2時間制にさせてもらうと一言宣言をお願いしたい次第であります。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。