ルーマニア大使館に行ってきたケツ


 けつおけ!第5回キネン演奏会がいよいよ1ヶ月後に迫ってきたわけですが、今回「ルーマニア狂詩曲 第1番」を演奏するという事で、演奏をキネンしてある施策を行ってみました。

 その名も「ルーマニア割」。

 ルーマニア人であれば500円引で入場できるという施策です。ルーマニア人ってどれくらいいるんだろうと思ったら、関東にいるルーマニア人全てを集めても、本番会場の渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールが埋まらないとか。だったらいっそ無料にしちゃえばよかったかななどと思わないでもありません。

 さて、せっかくやるのにルーマニア人に伝わらねば意味がない。じゃあどうしようかとリハの日に雑談をしていたところ、ルーマニア大使館に置かせてもらえばよいのではないかという話が浮上。その場で独断で即断し、問い合わせをしてもらったところ、「置いていいッスよ」と返答があったものであります。

 でまぁ、都合がつく人がいなかったので、私が単独でルーマニア大使館へ潜入する事になりました。

 調べてみると、ルーマニア大使館はギロッポンにあるらしい。ギロッポンから徒歩10分くらい。実際行ってみると、迷う事もなくすんなり到着。しかしながら高い塀があるばかりで受付のようなものはなく、その出入口は固く門扉に閉ざされていたのでした。

 門の隣にはインターホンが。これを押す以外にシナリオを進められるフラグがなさそうだったのでレッツプッシュ。ピンポーンピンポーン。一回押しただけなのに虚しく響き続ける呼び出し音。おや、もしや大使館の皆様はお留守ですか? 今12:20だけど、お昼休みは13:00からって聞いてたヨ? お正月休みかナ?

 20秒くらい待ったところで反応あり。誰か出た。何か言ってるけど音が小さくてよく分からん。なにいってだこいつ。こうなったらこちらから攻勢に出るしかない。

「あ、あの、チ、チラシを置かせてもらえると聞いて来たんです、けど……(コミュ障)」

「Can you speak English or Romanian?」

 ファッ!? 日本語通じないのですか!?

 以下訳。

「オーケー、分かったヨ。ええ、ええと……オーケストラ、コンサート、チラシ……(完全に不審者)」

 もうね、「置かせてもらう」が出てこないんですよ。”Put on”とかかなとか思いつつ、”Put”っておかしくね? と一人禅問答で全然ダメ。咄嗟の事に対応できない自分が歯痒すぎた。芳賀結衣。

「チラシ? それならポストに入れておくれ」

「ファッ!? 私、ポスト、オーケー? 何枚?(言語不自由)」

「オーケーオーケー、いいからポストに入れてってヨ」

 いやいや、ダメだろこれ。絶対営業だか何だかだと思われてるよ。ここで諦めてポストに入れたら負けだし、ルーマニアの皆さんに申し訳が立たない。ここは全ルーマニア人を代表して食い下がるしかないと決意した。

「あー、ダメダメ。ポストダメだよ。電話したし(強気)」

「んー……そっち行くからちょっと待ってて(何言ってるか分からないから諦めたらしい)」

 1分ほど待つと、長身のイケメン風のルーマニア人(だよね?)が出てきましたよ。

「どうも。チラシって何?」

「これなんだけど。聞いてない?(けつおけ!のピンクチラシを見せ、日本語で「ルーマニア狂詩曲」と書かれた部分を指さす市原指揮者)」

「知らない」

「こういうのもあるぞ(ルーマニア割の説明チラシを見せる市原指揮者)」

「へぇ、そうなんだ」

「電話して許可貰ったんだけど(電話のジェスチャーをする市原指揮者)」

「ちょっと分からないなぁ」

「いやいや、電話したんだって(負けん気)」

「うーん……あ、知ってるかも。ちょっと待ってて」

 チラシを持って大使館に消えていくお兄さん。1分ほどして戻ってきた。

「話し通ってたわ。3枚ちょうだい」

「3枚!?」

「そう、3枚」

 少なっ! と思いつつ、多分配架して手に取ってもらうんじゃなくて、3ヶ所に張り出すんだと想像して納得。

「1枚……2枚……3枚! ね!(念入りに数を確認する市原指揮者)」

「オーケー、3枚」

「あとこっちも頼むわ(ルーマニア割のチラシも)」

「了解ッス。ありがとう」

「ありがとう。さようなら(笑顔)」

 こんな珍妙なやり取りがあったのではありますが、無事ルーマニア大使館にけつおけ!チラシを掲示するというミッションは達成いたしました。今にして思えば、日本語が分からない人に対して、日本語の「ルーマニア狂詩曲」の部分を懸命に指さした私は何を考えていたのか理解に苦しむところです。

 とりあえず咄嗟に英語が出てきてコミュニケーションが取れるくらいにはなりたいなと思った。あと、ヒアリングは昔から割と出来るなと思った。あと、半年くらいでいいから、日本人のいない英語圏へ留学したいと思った。あと、まず大事なのは単語力だと思った。あと、ルーマニア大使館の人は優しかった。あと、ルーマニア大使館の人はイケメンだった。あと、ルーマニア割の説明チラシは自宅で100枚作ったから97枚余っている。あと、けつおけ!第5回キネン演奏会には絶対に来るべきだと思った。あと、チケットは言ってくれれば前売りを用意するので、DMでもリプライでもどしどし連絡ください。