ラーメン屋ってそんなに短期間で味が変わるものなんでしょうか


 ブログを全然更新できていない悲しみに溢れております。ブログは長くかかねばならないという変な意識がついていたようですので、短くてもマメに更新したいなと思いなおしました。

 ところで、昨年末頃に応援したいと絶賛した家系ラーメン屋がありましたが、昨日今年初めて行ってみたんですよ。

 そしたら店員が夫婦と思わしき男女ペアから、若い男2人になっているではないですか。いや、これまでもたまにあったのでそこまで驚く事ではないのですが、どうも共に応援してる同士からの情報によると、昨年末くらいから夫婦(決めつけ)が全然いないそうなんですよね。

 ラーメン作ってる男性が店長だと思っていたので、何かあったのかという気がするのですが、まぁ味が変わらないならいいかと思っておりました。

 それが今日行ってみてビックリなわけです。味が全然違う。悪い方に。確実に落ちている。これでは通えないどころか、次から行きたくないレベルで不味くなっている。しかもね、多分麺まで変わってるんですよ。気のせいかもしれないのですが、中太平打麺だったのが、単なる中細麺に。

 これがまた美味しくない。スープも麺もダメになってしまったのではおしまいであります。とはいえ、たまたま今日が不調だった可能性も捨て切れませんので、もう少し足を運んでみようと思います。

 後で同士に聞いてみたら、やっぱり不味くなったという感想を抱いていたそうで、恐らくスープに関しては間違いではないと思います。

 こんな短期間で何があった……。ショックすぎて憤死しそうです。誰も期待してないと思いますが、続報があり次第お伝えしてまいります。

 とまぁ、こんな内容ならものの5分もあれば公開まで漕ぎ着けるのですが、誰も見ていないという事実をはねのけ、継続は力なりという精神でもって一つ更新を続けていきたい所存です。