ためしてガッデム「緊急指令! コレステロール値を下げろ!」


「みなさんこんばんは。ためしてガッデムのお時間です」

「今回のテーマは、出来れば下げたい『コレステロール値』です」

「さあ、どうですかゲストの皆さん、コレステロール値が高くて気になっている方もいるんじゃないですか」

「楽してコレステロール値を下げたい。そんな事が出来るのか、ガッデムで実験をしてみました」

「それではVTRをどうぞ」

『番組では健康診断でコレステロール値が高いと診断された43歳の会社員、馬米さんにご協力いただきました』

『ガッデム流コレステロール値低下大作戦とは!?』

『出ました、これです。皆さんもよくご存じのマヨネーズ。毎日450mlのボトルを一気飲みするだけでコレステロール値が下がるという情報を番組独自の調査で得たのです』

『馬米さんにはこれから1ヶ月間、毎日マヨネーズを一本、一気に飲み干していただきます。1ヶ月後にコレステロール値が下がっていたら見事実験成功です』

『さあ1日目スタートです。頑張ってくださいね!』

『番組が用意した30本のマヨネーズを見て驚く馬米さん。ちょっと驚かせてしまったみたいです』

『馬米さんのお宅の冷蔵庫はマヨネーズでいっぱい。なんとも壮観です』

『番組スタッフが実験について説明します』

「はい、これを……飲む。はぁ。えっ、一気にですか? 出来るかなぁ」

『まぁまぁそう言わず。コレステロール値が下がるんですから』

「マヨネーズは嫌いじゃないですけど……分かりました。やってみます」

『馬米さん、やはり自分の健康が大切みたいです。そりゃあそうですよね』

『まずは封を開けて……キャップを開けて直接口をつけて、ボトルを一気に押します』

「う、うぐぉっ」

『マヨネーズ一気飲み初体験の馬米さん、ちょっと大変そうです』

『身体を震わせながら一本目をクリアしました!』

(スタジオの川瀬まみ拍手「やったー」)

「げほっ、げほっ」

「こ、これ毎日やるんですか……?」

『もちろんです。これでコレステロール値が下がるんですからね』

『実験開始から5日目。馬米さんの顔色が良くないようです。心配したスタッフが気遣います』

「馬米さん、大丈夫ですか?」

「あ、ええ……。大丈夫なんですけど、大丈夫じゃないというか……」

「じゃあ大丈夫なんですね」

(スタジオの川瀬まみ「ああよかったぁ」)

『実験続行です』

『開始から13日目。馬米さん、まだ一気飲みに慣れないようです』

(無表情でマヨネーズを飲む馬米さん)

『そろそろ体に変化が出てくる頃。同僚の皆さんに聞いてみました』

「ここ最近の馬米さん、何か変わったように見えますか?」

「そういえば何か前と違う気がします」

「あんまり人と話さなくなりましたね」

「一日に何度もトイレに行って困ると上司が言ってました」

「死相が出ているように思います」

『雑談をしなくなり、お通じが良くなったみたいです。さっそく効果が表れているんですね。すごいぞマヨネーズパワー!』

(スタジオの川瀬まみ「すごーい……」)

『開始から23日目。残り1週間、ラストスパートです』

『既にかなりコレステロール値が下がっているはず。しかしここで緊急事態が発生です。馬米さんの顔色が青黒くなり、常に体が小刻みに震えるようになりました』

『心配したスタッフが馬米さんのお宅へ急行します』

「馬米さん、大丈夫ですか」

「大丈夫って、大丈夫に見えますか」

「少し心配しましたけど、大丈夫そうではありますね」

「少し……これが少しですか」

「大丈夫ならマヨネーズ飲みましょう。あと少しですから」

「ッ!? あと何日ですか」

「あと7日です」

「分かりました……。うぐっ……ぐっ」

『馬米さん、涙を流しながらマヨネーズを飲みます。ガッデムスタッフの優しさが心に響いたみたいです』

「馬米さん」

「はい」

「ずっと思ってたんですけど、一気飲み出来てませんよね。一気飲みしないと」

「一気……これ、普通の人やりますか?」

「やりますやります。ガッデム流健康法ですから」

「やりますって簡単に言うけどな……じゃああんたやってみろよ! ええ!」

『何やらスタッフと話し合いが始まったようです』

「いや、私はコレステロール値普通ですから」

「高かったらあんたやるのか!」

「や、やりますよ」

「嘘つくな! こんなの人間がやる事じゃねえだろ!」

「馬米さんやってるじゃないですか。馬米さんは人間ですよね。ほら、人間がやってますよ」

「馬鹿にしてんのかおい! こんなの健康法なはずがあるか!」

(スタジオの川瀬まみ「やだぁ、この人怖い……」)

「じゃあギブアップしますか? ギブアップしたらここまでの苦労はなんだったんですか。あと7日ですよ。たったの7回じゃないですか。馬米さんは23回もやってきたんだ。あと7回くらいなんですか。ここでやめたら後悔しますよ。23回分が無駄ですよ。放送もできません。謝礼も渡せません。放送を楽しみにしている視聴者が悲しみますよ。それでもいいんですか」

「む、無駄……23回が……無駄……」

「そうです。さあ、落ち着いて、冷静になって、よく考えてください」

「今日一日……考えさせてください……」

「分かりました。私たちは強要しませんから、じっくり考えてくださいね。くれぐれも後悔しないように」

『翌日、馬米さんはマヨネーズの一気飲みを再開しました。スタッフの熱い想いが心に沁みわたったようです』

『そしていよいよ最終日。最後の一本を飲み干せば終了です。馬米さん、気合が入ります』

「お、終わりだ。これで、終わりだ……全て、終わり……だ」

『馬米さん、実験の達成感のあまりニコニコして嬉しそうです』

「う、うぐおっ……うげっ……ゴホッゴホッ」

『あとちょっと!』

「ぶふぉ、げほっ、ハァハァ……」

『やりました、ついに1ヶ月間マヨネーズ生活達成です!』

(スタジオの川瀬まみ小声で「なんか主旨変わってない?」)

「げ、限界だ……」

『あらら、馬米さん、床に倒れこんじゃいました。死闘を制したテニス選手の喜び方のようです』

「みなさんこんばんは。ためしてガッデムのお時間です」

「今回のテーマは、出来れば下げたい『コレステロール値』です」

「さあ、どうですかゲストの皆さん、コレステロール値が高くて気になっている方もいるんじゃないですか」

「楽してコレステロール値を下げたい。そんな事が出来るのか、ガッデムで実験をしてみました」

「それではVTRをどうぞ」

『番組では健康診断でコレステロール値が高いと診断された43歳の会社員、馬米さんにご協力いただきました』

『ガッデム流コレステロール値低下大作戦とは!?』

『出ました、これです。皆さんもよくご存じのマヨネーズ。毎日450mlのボトルを一気飲みするだけでコレステロール値が下がるという情報を番組独自の調査で得たのです』

『馬米さんにはこれから1ヶ月間、毎日マヨネーズを一本、一気に飲み干していただきます。1ヶ月後にコレステロール値が下がっていたら見事実験成功です』

『さあ1日目スタートです。頑張ってくださいね!』

『番組が用意した30本のマヨネーズを見て驚く馬米さん。ちょっと驚かせてしまったみたいです』

『馬米さんのお宅の冷蔵庫はマヨネーズでいっぱい。なんとも壮観です』

『番組スタッフが実験について説明します』

「はい、これを……飲む。はぁ。えっ、一気にですか? 出来るかなぁ」

『まぁまぁそう言わず。コレステロール値が下がるんですから』

「マヨネーズは嫌いじゃないですけど……分かりました。やってみます」

『馬米さん、やはり自分の健康が大切みたいです。そりゃあそうですよね』

『まずは封を開けて……キャップを開けて直接口をつけて、ボトルを一気に押します』

「う、うぐぉっ」

『マヨネーズ一気飲み初体験の馬米さん、ちょっと大変そうです』

『身体を震わせながら一本目をクリアしました!』

(スタジオの川瀬まみ拍手「やったー」)

「げほっ、げほっ」

「こ、これ毎日やるんですか……?」

『もちろんです。これでコレステロール値が下がるんですからね』

『実験開始から5日目。馬米さんの顔色が良くないようです。心配したスタッフが気遣います』

「馬米さん、大丈夫ですか?」

「あ、ええ……。大丈夫なんですけど、大丈夫じゃないというか……」

「じゃあ大丈夫なんですね」

(スタジオの川瀬まみ「ああよかったぁ」)

『実験続行です』

『開始から13日目。馬米さん、まだ一気飲みに慣れないようです』

(無表情でマヨネーズを飲む馬米さん)

『そろそろ体に変化が出てくる頃。同僚の皆さんに聞いてみました』

「ここ最近の馬米さん、何か変わったように見えますか?」

「そういえば何か前と違う気がします」

「あんまり人と話さなくなりましたね」

「一日に何度もトイレに行って困ると上司が言ってました」

「死相が出ているように思います」

『雑談をしなくなり、お通じが良くなったみたいです。さっそく効果が表れているんですね。すごいぞマヨネーズパワー!』

(スタジオの川瀬まみ「すごーい……」)

『開始から23日目。残り1週間、ラストスパートです』

『既にかなりコレステロール値が下がっているはず。しかしここで緊急事態が発生です。馬米さんの顔色が青黒くなり、常に体が小刻みに震えるようになりました』

『心配したスタッフが馬米さんのお宅へ急行します』

「馬米さん、大丈夫ですか」

「大丈夫って、大丈夫に見えますか」

「少し心配しましたけど、大丈夫そうではありますね」

「少し……これが少しですか」

「大丈夫ならマヨネーズ飲みましょう。あと少しですから」

「ッ!? あと何日ですか」

「あと7日です」

「分かりました……。うぐっ……ぐっ」

『馬米さん、涙を流しながらマヨネーズを飲みます。ガッデムスタッフの優しさが心に響いたみたいです』

「馬米さん」

「はい」

「ずっと思ってたんですけど、一気飲み出来てませんよね。一気飲みしないと」

「一気……これ、普通の人やりますか?」

「やりますやります。ガッデム流健康法ですから」

「やりますって簡単に言うけどな……じゃああんたやってみろよ! ええ!」

『何やらスタッフと話し合いが始まったようです』

「いや、私はコレステロール値普通ですから」

「高かったらあんたやるのか!」

「や、やりますよ」

「嘘つくな! こんなの人間がやる事じゃねえだろ!」

「馬米さんやってるじゃないですか。馬米さんは人間ですよね。ほら、人間がやってますよ」

「馬鹿にしてんのかおい! こんなの健康法なはずがあるか!」

(スタジオの川瀬まみ「やだぁ、この人怖い……」)

「じゃあギブアップしますか? ギブアップしたらここまでの苦労はなんだったんですか。あと7日ですよ。たったの7回じゃないですか。馬米さんは23回もやってきたんだ。あと7回くらいなんですか。ここでやめたら後悔しますよ。23回分が無駄ですよ。放送もできません。謝礼も渡せません。放送を楽しみにしている視聴者が悲しみますよ。それでもいいんですか」

「む、無駄……23回が……無駄……」

「そうです。さあ、落ち着いて、冷静になって、よく考えてください」

「今日一日……考えさせてください……」

「分かりました。私たちは強要しませんから、じっくり考えてくださいね。くれぐれも後悔しないように」

『翌日、馬米さんはマヨネーズの一気飲みを再開しました。スタッフの熱い想いが心に沁みわたったようです』

『そしていよいよ最終日。最後の一本を飲み干せば終了です。馬米さん、気合が入ります』

「お、終わりだ。これで、終わりだ……全て、終わり……だ」

『馬米さん、実験の達成感のあまりニコニコして嬉しそうです』

「う、うぐおっ……うげっ……ゴホッゴホッ」

『あとちょっと!』

「ぶふぉ、げほっ、ハァハァ……」

『やりました、ついに1ヶ月間マヨネーズ生活達成です!』

(スタジオの川瀬まみ小声で「なんか主旨変わってない?」)

「げ、限界だ……」

『あらら、馬米さん、床に倒れこんじゃいました。死闘を制したテニス選手の喜び方のようです』

『スタッフも歓喜の輪に加わろうと馬米さんの元に駆けつけます』

「馬米さんやりましたね! 馬米さん! 馬米さん? ……馬米さん? あれ? おい、動かないぞ! コールアンビュランス!」

『馬米さん、救急車で病院に移動して、そのままコレステロール値の検査です。番組に気を利かせてくれたんですね。結果はスタジオで!』

「と、いうわけでVTR、いかがでしたでしょうか」

「いやぁ、すごく感動的なVTRでした」

「私、昔からマヨネーズ健康法マニアなんですけど、改めて好きになっちゃいました」

「すっごい手軽なんですね。私にもできそうだなって」

「それでは今回の実験の結果を発表したいと思います」

「馬米さんのコレステロール値は実験前と比較して、なんと」

「5倍に上昇していました!」

「えええええ!」

「上がったし!」

「失敗かよ!!」

「馬米さんはあの後2ヶ月入院して、無事に退院。現在は元通り会社に勤めて元気に働いているそうです」

「それでは本日の実験、ガッデムしていただけましたでしょうか」

ガッデム!

ガッデム!

ガッデム!

「次回のテーマは『集団冷凍庫で凍死寸前大仁田軍団! まさかのデング熱克服法』です」

「また次回お会いしましょう、さようなら!」