ハサミの天ぷらを食べてみたいなぁと


 お寿司屋さんでエキセントリックな新メニューが考案されたと聞きました。

 回転寿司戦国時代から一歩進んで、最近はほぼスシロー一強になった感のあるお寿司屋さんチェーンでありますが、ラーメンを売りにしたりポテトフライを売りにしたり、懸命に差別化を図っておるわけですね。

 でまぁ、自店舗の先行きを案じた心優しいアルバイト店員が、このままではイカン、イカンですよ、時代の最先端を行くイノベーションにおけるドラスティック改革が必要でありますよねと努力を重ね、店長、ハサミの天ぷらを開発しました! と、そういうプロジェクトXが飛びつきそうなハートウォーミングな話なんですよね、恐らく。

ハサミを天ぷらにし投稿、福井 回転ずし店のアルバイト
http://www.47news.jp/news/2014/09/post_20140930122603.html

 それなのに、なんで皆さん、悪ふざけだバカッターだけしからんだなんだとアルバイト店員を批難して騒いでいるのでしょうかね。アルバイトくんが店の事を思いやった行動だというのに。

 蓮根のハサミ揚げだと思ったら違ったみたいなんですが、ハサミの天ぷらなんてね、常人では思いつきませんよ。ハサミを天ぷらにするという行為はアイスクリームの天ぷらを最初に考えた人間より偉大な発明かもしれませんと思う次第です。本来食べ物ではないものを天ぷらにして提供する。これはもう人目を引く事間違いなしでありまして、店の前ののぼりに大きく掲げるべきでありましょう。「ハサミの天ぷらあります」と。私なら店に入りますね。ハサミの天ぷらは食べませんけど。

 大体ね、ハサミを天ぷらにしてはいけないなんて法律や決まりはないんですよ。ハサミの天ぷら、いいじゃあないですか。私が店長だったらアルバイトを盛大に褒めますね。新メニュー開発なんて本来アルバイトの仕事じゃないわけです。そこを頑張っても別に時給が上がるわけでも報奨が出るわけでもない。

 ですからね、新商品の開発ありがとう。とても嬉しいよと。君の努力を受け止めて、商品化するか判断するからとりあえず食ってみろと。新メニューというからには食べられるな。じゃあ今目の前で食べろと。美味しかったら商品化してやる。だから文句を言わずにハサミの天ぷらを食え。商品化して売れたら寿司一貫あたりでロイヤルティをやる。作ったのはお前だから責任は取らないとな。さあハサミ食べて、どうぞ。とアルバイト氏の努力と誠意を最大限に配慮して、商品化の道を模索しますけどね。

 まさか無いとは思いますが、食べられませんなんて言おうものならね、食べられない新メニューを作るなんてどんな判断だと、金をドブに捨てる気かと、そりゃあもう稲船氏も激怒ですよ。無断で店舗の備品を天ぷらにした事の賠償ですとか、ハサミを天ぷらにしたフライヤーや油の交換費用ですとか、食べられないものを考案した責任ですとか、そういう諸々を全て被っていただきまして、ウェブサイトに「アルバイト店員が新メニューとしてハサミの天ぷらを考案いたしましたが、検討の結果、食用には適さない内容でしたので、該当店員を厳重に処分いたしました」とPDFでニュースリリースを掲載。これですよ。

 何が問題かって、ハサミを天ぷらにして「新メニュー作ったぞー!www」と草生やして大喜びしてますけど、微塵も面白くねえよって事ですかね。エンタの神様並みの沸点のようでアルバイト氏のクオリティが心配です。

 恐らく本人でも食べられないであろうものを天ぷらにして新メニューと言ってしまう判断力の無さと、新メニューにならずに残念でしたね、また頑張ろうねという事と、笑いのツボがおかしいので、もう一回中学生くらいから人生やり直した方がいいんじゃないですかねという結論でしょうか。

 よろしくお願いいたします。