横浜-阪神 第22回戦


 今季観戦5試合目であります。数日前から台風が来るという噂で持ちきりでして、中止待ったなしだと思っていたのですよね。

 いざ横浜スタジアムと関内駅についたらポツポツ降ってきまして、球場内で席を確保したら雨粒が大きくなり、始球式が終わり、試合開始直前の監督同士のメンバー表交換の頃にはこれはあきませんという雨脚の強さになって、そのまま試合開始見合わせ。ただ、もし中止になると、何年ぶりだかのダブルヘッダー確定という事で、球団としてはなんとして試合をしたかったと思うんですね。それに、雨雲レーダーを見る限りはその時がピークで、後は止むだけという予想でしたので、これは待ってれば開始あるぞと。雨合羽着て雨に降られていたわけなんですが、20分後に試合決行が決定、30分後の18:30に無事試合が開始となりました。よかったよかった。

 試合はというと、先発モスコーソがまさかの初回4失点で、応援席は早くもお通夜ムードだったのですが、悪かったのはそこだけ。後はきっちり抑えて最後まで点を取られる事はなかったという、先発としてやはり信頼をおいて良さそうだという結論になりました。

 対するメッセもコントロールに苦しみながら不安定な投球ながら、のらりくらりと抑えてはいたのですが、横浜の投手陣が踏ん張っているうちにジリジリと差を詰め、6回についに同点に追い付くと、8回にツッツの勝ち越しホムーランが飛び出すという感涙の逆転劇。

 最終回はそのトゥトゥグァがレフトフライを後ろに逸らして絶体絶命のピンチを招きながら、国吉が土俵際で踏ん張るどすこいのお株を奪うクローザーぶりを発揮いたしました。国吉かっこよかったよ国吉。ところでハマのダルビッシュという呼び名はやめよう。

 また、今回の観戦におきまして、旗色が悪くなった時に「真面目にやれ!」という野次声援が非常に使い勝手が良いことが分かりましたので、今後は積極的に使っていきたい所存です。そうだよ真面目にやってないから打たれるんだよ。真面目にやろうよ。

 ところで、あの高宮が中継ぎで出てきまして、えっまさかと思ったらあの高宮でした。まさか猛虎軍入りしていたとは知りませんでした。あの高宮ですよ。あの高宮。ねぇ。へぇ。

http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2014092502/top

 ところで今日セ・リーグの優勝が決まったんですか? 知らん。

 今季観戦成績:3勝2敗