ハローキティは二郎ではなかったという話


 ハローキティが猫ではないという話が広まり、海外でちょっとした騒動になっていますが、何が問題なのかよく分かりませんでした。

ハローキティは猫じゃない!サンリオが明かした事実に世界中が激震
http://www.cinematoday.jp/page/N0065854

 猫じゃないと何か不都合でもあるんですかね。その辺りのこだわりがよく分からないので、ファンの方にご教示いただければ嬉しいのですが、キティはキティという存在であるという事ではダメなんでしょうか。

 例えば、二郎はラーメンではありませんと発表されたからといって、ショックを受ける人がいるのかという話です。ああ、そうですよね。で? という話にすぎなくて、二郎は二郎という食べ物なのであって、ラーメンに分類されなくても困らないわけです。そこで著名人が「みんな安心して! 二郎はラーメンよ!」などと言い出そうものなら、なにいってだこいつと白い目で見られて炎上するのがオチでありましょう。

 みんなのたあ坊が人間だという設定のおかげで、ある方面からクレームが来たという都市伝説なら聞いたことがありますけども、キティの件が何故そんな騒ぎになるのか、いささか分かりかねるなという感想です。

 ところで、今回の騒動を受け、サンリオはすぐさま訂正したようです。

報道にケイティ・ペリーが反応、サンリオは誤解を訂正
http://www.crank-in.net/celeb_gossip/news/32518

 猫でも猫じゃなくても猫の擬人化でもどれでもいいです。

 二郎の話が書きたかっただけなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>