カレーの事で喧嘩をしないでください


 カレーにナスを入れるなだと?

ネットで「カレーにナスを入れるな」とブチギレ! ナス入れる派と対立
http://snn.getnews.jp/archives/388480

 何を言ってるんだこいつらは。カレーにナスを入れなかったら何に入れるんだ。他に使い道はあるのか。ナスとひき肉のカレーは最高だろう。知らないのか。ならば教えてやろう。カレーに炒めたナスとひき肉を入れるんだ。やってみろ。美味いから。

 インドカレーにもナスは入っているんだ。インド人が入れてるんだから、入れるなという主張は絶対に認められない。絶対にだ。そこで論破であり論争は終わりだ。インド人を右に。だからカレーにナスは入れるんだ。私の作るインドカレーにも定番で入っている。ナスが。

 スープカレーにも、素揚げしたナスが入っている事が多いのではないのか。違うのか。私が知らないだけか。ナスを否定している輩はなんなんだ。カレーを侮辱しているのか。それとも遠回しにスープカレーをdisりたい連中か。

 ナスを入れるな派という存在について指摘されているが、私の見立てではそんなものは実在しない。これは全てナス嫌いによる秘密工作であって、カレーにナスを入れるなと叫んでいる人間は生物としては存在しない。高度にプログラミングされた人工知能か何かだ。従ってカレーにナスを入れるなと言っている人間がいたとすれば、それは恐らく人間ではない。既に脳を機械か何かに置き換えられているサイボーグあたりだろう。だからみなさんの周りにそういう人がいたら気をつけてください。見つけ次第破壊した方がよい。

 だいたいな、カレーの事で喧嘩をするな。カレーを何だと思ってるんだ。カレーは何をどうやったって美味しいものなんだ。ボンカレーはどう作ってもうまいのだとブラック・ジャック先生も仰っておられる。ボンカレーですらどう作っても美味いのだから、それ以外のカレーも美味くないわけがない。カレーの事で言い争いをするなど、カレーの神に対して失礼であり、ましてや死ねだとか死ぬだとか、そんな野蛮な言葉をカレーの世界に持ち込んでほしくない。言語道断である。カレーは常に神妙な心持ちで全力を持って接するものであって、紛争の道具ではないのだ。分かったか。分かったら朝昼晩連続カレーを一週間実行せよ。さすればカレーの神もそなたを許し給う事なかれ。

 そもそもカレーと一口に言ってもどのカレーを指しているかによって全くもって具材の相性などが違うわけであるから、ナスを入れない派と入れる派がどういった前提において言い争いをしているかすら明確でなく、これは全くもって人生の貴重な時間の無駄であると言える。そんな前提条件すら分からない暗闇の中で口論をするよりもカレーを食べよう。カレーを食べれば万事解決だ。汚い言葉や批判の精神などいらない。ただ美味しい、それがあればいい。だからカレーの事で死ねなどと書いた人物は万死に値する。マリアナ海溝よりも深い反省を促すものである。以上をもってくだらない論争に決着をつけたいと思う。

 あと、カレーにトマトをトッピングするやつは死ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>