自分が最低のクズだと思わない人間なんて


 自分がどうしようもないクズで、こんな自分が他人と関わるのは申し訳ないと思ったとしても、生きる意味はあると思うんです。

 お分かりのように、私なんかしょうもないクズな人間ですし、それは自覚してますけれども、それでもまあ、自分に正直に生きてたらいいんじゃないですかね。まだまだやりたい事も、出来てない事も数えきれないほどありますし。という感じでのうのうと恥を晒しながら日々生き延びているわけです。第九すらまだ振ってないんですよ。どれだけクソ指揮者と言われようとも、少なくともそれまでは生きたいですね。

 そんな小さい目的やら目標やらがたくさんあって、それに向かっていこうとするだけでも、人生は、いつになるか分からないその時が来るまで、生き抜くに値するんじゃないかなと思うのです。

 どれだけ打ちひしがれて自分がクズだと思って消えてしまいたい気分になったとしても、それでも受け入れてくれる人はいるはずなんです。例えば、どれだけ大きな罪を犯した犯罪者にでも理解者はいるもので、世界中の全ての人間が自分の敵だなんて事は決してないはずですし、あってはならないと思っています。

 堪えきれない事があったら逃げればいいと思います。それは自分を守り大切にするという事だと思うのです。恥なんかじゃありません。ただ、自分を受け入れてくれる人たちがいる事を頭の片隅に入れておいてもらって、いつになってもいいから天の岩戸から顔を覗かせてくれたらいいなあと。私に出来る事はその時に喜んで迎える事くらいですかね。そもそもあなたはクズじゃないでしょう。

 そんな心境です。

自分が最低のクズだと思わない人間なんて」への7件のフィードバック

  1. 匿名

     市原さん、ありがとうございます。

     実はこの三日間、遠方の友人に会って話をしてきました。市原さんが仰る「受け入れてくれる」友人でした。例え私が犯罪を犯しても人を殺めたとしても、僕を信じてくれると言い切ってくれた人です。

     でも、僕は越えてはいけない一線を越えてしまいました。人としてやってはいけない事をしたんです。これをクズと言わずして何と言えばよいか。

     本当は生きていることさえ憚れる事ですが、死ぬ事は贖罪とはなりません。これからは人との関わりを無くし、人目を阻んで生きていこうと思っています。

     でも、市原さんの思いは、言葉で言い表せない程深く感謝しています。あなたの言葉や他の友人の励ましで、今日どれだけ涙を流したか分かりません。

    返信
    1. 185usk

      いえ、私はあなたがそんな人ではないと信じます。直感で分かるのです。
      何があったのか存じませんが、私はあなたの言っている事を受け入れるだけの判断材料を持ちません。
      生きていることさえ憚れるなどという事があるとは到底思えないという気持ちです。
      今、そういう気持ちである事は否定いたしませんが、時が経ってからでもよいので、お会い出来る事を願います。
      というか、必ずお会いいたしましょう。これは約束したいです。自分なりに何らかの決心をしてからでも結構です。
      こんな事で多くの人とお別れするような方ではないと確信しております。
      ただ、今は無理に頑張らなくて良いと思います。気の向くままに。いつでもご連絡ください。

      返信
  2. 匿名

    市原さんをはじめ、何人かの友人から会いの来いとお声がけを頂きました。こんな私に何と勿体ない事でしょうか。

    市原さんの言葉が心に響き過ぎて、さっきから涙が止まりません。

    でもダメなんです。こうしてネットで発言するのも図々しい。

    確かに一時の自暴自棄かもしれません。ですが、今まで意識しなかっただけで、元々持っていた汚い本性に気付いただけです。

    目に見えない非科学的な類いのものを私は信じませんが、少なくとも今の自分は負のオーラを出しているはずです。こんな人間と関わると、市原さんにも悪い影響を及ぼしてしまう。

    だからどうか忘れて下さい。叶うなら、市原さんの明るい未来をフォローするご友人を私の代わりに沢山作ってくれる事を願います、

    返信
  3. 名無し

    私は障害者です。脳も身体も。
    自分は勿論辛い。開き直るわけではないが、障害だから仕方ない事でも責められとがめられる排除される。それこそクズ扱い。
    生計を立てるのも困難極まりない。
    こんなに辛く、皆に迷惑をかけるのなら消えてなくなりたいと何度も思う。家族も不憫である。
    しかし、死ぬ事も出来ない。
    自分は全く価値が無いのに 生き続けなければならないとは、残酷である。

    あなたは、後悔や罪悪感や謝罪のような気持ちを持っていらっしゃる。
    支えようとしてくれる人々にも感謝の意を示しておられる。
    そのような方をクズとはいいません。なり得ません。
    あなたを信じてくれる人や、あなたの心に寄り添ってく
    れる人pがいるのは、とても幸せではないですか。
    何より強みです。このような方々との関係を断ち切れば、その方々がどんなに悲しまれるか。
    「必要ありません」「役に立ちません」と言われたかと思われてしまうかもしれない。何よりもあなたを失いたくない筈。

    今の辛い状況から抜け出すには容易な事ではないかもしれません。無理に気持ちを切り替える必要もありません。
    人間お互い様。今は、自分が甘えて良い時なのだと思います。

    返信
    1. 匿名

       どこのどなたか存じあげませんが、心に響きました。感謝の気持ちで一杯です。

       今までさぞ大変な苦労をされてきたとお察しします。あなたに比べれば私の苦しみなど些細なものかと思います。私の様な人間に斯様な言葉を投げかけていただけた事、ただただ感謝と申し訳なく思うばかりです。

       しかしながら、「人間として腐った本性に気付き、自身が許せない思い」が、沢山の方々からの暖かい言葉と共に私の心から離れません。

       頭では分かっております。私を気遣い、受け入れようとしてくれる大切な友人との関係を断ち切る事が、どれだけ酷い事であるか。そしてさらに自分を陥れる事であるか、も。

       今回の事で少なくとも私には三人、関係を切らなければさらに迷惑がかかる大切な友人がいます。1人は既に互いの関係を清算しました。1人は絶縁願いを出しました。そして1人は、こちらが勝手に思っているだけですが「連絡無し」を以て、最大の恩赦を授けていただきました。恐らくこれからお会いする事はないでしょう。

       自分の大切な人の心を殺された時、それでも友達でいられるでしょうか?人を殺せば刑務所に入って罪を償います。ですが、私は人の心を殺しました。そんな人間がのうのうと人前で普通の人生を送って良いはずなどないのです。

       ですから私は自分への罪を、精神的、肉体的に自身に施す事で贖罪とする事に決めました。前者は友人との離別、後者は「自分の意志で食事しない」です。

       こうして自分の意志を表す事も憚られる身ですが、これからは人の親という最低限の義務を全うしながら、人目を阻んで生きていこうと思います。

       重ねて、とても暖かいコメントありがとうございました。

      返信
      1. 名無し

        あなたの選択を否定しません。

        人間、意外と自分で選べる事が少ないですよね。
        親や子を選べない。
        上司や部下も選べない。
        生まれてくる国を選べない。時代を選べない。
        今の時代の日本の良し悪しは置いておくとして。よくも戦火の中に生まれ落ちなかったものだと、不思議に思える事さえもある。

        自分が選んでいないこの世の中で偶然に出会い、お互いがかけがえのない存在になっていくって、面白いですよね。

        あなたの選択は、あなた自身。因って、それを否定も非難も出来ません。

        ただ。その選択は、いつでもやめる事が出来る。変える事が出来るという事は、頭の片隅に置いて頂けると嬉しいです。

        関係を断ち切ったと仰る方々とも、将来的に関係を修復出来る道もあるでしょう。

        返信
        1. 匿名

          >名無しさん
           コメントありがとうございます。

           あれから幾分か時が経ち、沢山の友人に支えられてほんの少しだけ冷静に自分を見つめ直す気持ちになる事ができました。数人を除いて、友人には前言撤回もさせていただきました。

           何度涙を流したか分からない刹那で、今一度大切なものが何なのかを考え直しました。それが、どれだけかけがえのないものだったかも思い出しました。

           ただ一つだけ、関係を断ち切った大切な大切な友人の中に、ほんの数人、もう二度と会う事が叶わなくなった人がいます。自分が犯した罪を償うにはあまりに大きな損失。一生背負っていく十字架になりました。それだけが、それだけが辛く苦しいです。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>