整合性を問わず真実に見えてしまう情報もあるわけで


 採点競技の話について余談ではありますが、一昨日くらいにネットで拡散されて話題になっていた、フィギュアスケートの採点に関する告発のような文章を読んで「そうだったのか」とか「これは酷い」とか「真実を教えてくれてありがとう」とか言ってた人が多くて驚いたのでした。

 このサイトはリンクフリーです。
 様々な場所でリンクして頂けたら大変うれしいです。

 とあるので、遠慮なくリンクさせていただきましょう。

浅田真央が戦ってきたもの
http://www31.atwiki.jp/injustice/sp/pages/14.html
魚拓
http://megalodon.jp/2014-0221-1935-06/www31.atwiki.jp/injustice/sp/pages/14.html

 記事内では、始めに念を押して「キム・ヨナ批判ではない」と言いつつ、キム・ヨナ選手の得点が高い理由、そしてそれがキム・ヨナ選手に有利な判定に基づくものであるとの説明に終始しています。某界隈における「私女だけど」という書き出しと同じ臭いを感じずにはいられませんね。

 ざっと読んで、へえ、そういうことがあるのだなあと思うのは分からないでもないですが、ちょっと冷静になって読んでみると、主張に合理性がないことが分かると思います。筆者が意図的に書いていないのか、そこまで考えていないのか知りませんが。

「何者が、どうしてキム・ヨナを優勝させようとしているのか」

 これが明示されていないのは、どう考えても致命的だと思うわけです。記事中では何度も以下のような主張が繰り返されます。

・ これでもか、これでもかと浅田真央をつぶしにかかり
・ 凡庸な選手を、何年もかけてさもものすごい選手であるかのように仕立て上げた
・ 「仕立て上げられた世界王者」
・ キムヨナは様々なものから守られている。採点基準・審判・マスコミ・・・
・ 浅田真央がこの四年間で何をされてきたか

 ここまで断定的に書いておきながら、誰が「つぶしにかかり」、「仕立て上げ」、「守り」、「浅田選手を妨害した」のかが一切書かれていないんですね。ある出来事があるならば、そこには主体と客体が存在するはずで、浅田選手がつぶしにかかられたなら、つぶしにかかった人物なり組織があるはずなのですが、それは一度たりとも明示されていない。これはどういうことなんでしょう。事実を世にしらしめるのであれば、そこは必須ではないでしょうか。書けないならせめてボカしてでも。

 おかしいだろと思いますけどね。フィギュア界が一丸となって(?)浅田選手に不利を強い、キム・ヨナ選手を有利に導く理由が全く分かりません。韓国がキム・ヨナ選手に有利なようにルールを変えたとでも言うのでしょうか。世界で行われている競技に対して、たかだか一つの国がそんな事が出来るだけの力を持ちえるんでしょうか。明確にしていただきたいところです。

 また、ここまで点を取る方法が明確に分かっているなら、なぜキム・ヨナ選手だけが目立って高得点を取れるのかという疑問も解消されません。凡庸な選手でも勝てる方法論が分かっているなら、他にもその方法を採用する選手が出てきてもおかしくないのではないですかね。同じ事をやって、キム・ヨナ選手より完成度を高めれば優勝確実ですよね。キム・ヨナ選手のプログラムは難しくないんですよね? なんで他にいないんですかね。おかしいですね。

 以上を説明出来ていない限り、「なにいってだこいつ」という情報に分類されるわけで、真央ちゃんアゲがしたいだけの質の悪い偏ったナショナリズム爆発の怪文書だと捉えられても仕方がないんじゃないですかねと思うわけです。

 念のため言っておきますが、上記文章が嘘だと言いたいわけではありません。願わくば、主張に必要だと思われる情報を追加した文章を改めて読んでみたいです。また私はキム・ヨナ選手が好きなわけでもないです。オリンピック見てコストナー選手のファンになりましたね。コストナーが優勝でいいだろうあれは。ね。ダメか。

 自分にとって都合の良い事が書いてあるものを、必要としているタイミングで目にしてしまうと、普段は見えるはずのものが見えなくなってしまうことってあるのですよ。そういった状況で情報を無批判に読み、事実だと認定して拡散とかしてしまうのは、果たしてよろしいのでしょうかね。あるムードが高まっているときに、煽るような文章や主張が然るべきタイミングで出てきたら、少し冷静になって検証した方がいいんじゃないですかね。そういうのは危ない事が多いんじゃないですかね。特に、自分が信じたいものについては。というお話でした。

 ここは一つ、国連事務総長が韓国人だからとかトンデモ陰謀論を主張する人物が現れて物議を醸すことに期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>