ドラクエ1無料配布で思ったこととか -4-


 そして第四の矢。ドラクエ1の無料配信が終わった直後のドラクエ8配信開始。

 ドラクエ8が選ばれたのは、まだ一度もリメイクされていない作品、かつスマホで遊べるという理由ではないかと思います。8以前のナンバリングタイトルは、既に色々な機種でリメイクされていますから、今スマホでリリースしたとしても、それほどの反響はないという判断でしょうか。
 収益をあげる土壌を作ったところで間髪入れず、一度も移植されていない8を発売。ポータルアプリをダウンロードしたユーザーのうち、1割が購入したとしても30万本の売り上げになります。パッケージソフトではないから流通や在庫の心配もないわけで、AppStoreであれば1本2,800円のうち70%が利益になるので……なんて皮算用はするだけ無駄ですね。

 ということで、今回の無料配布について以上が見えた気がしたという話でした。あくまでゲームユーザーの想像ですから、まったく的外れかもしれませんので、鵜呑みにはしないようご注意ください。

 私としては、ドラクエ8で何本の売り上げを目標としているのか、実際に何本売れるのか、にとても興味があります。2,800円という価格設定は、昨今のアプリ事情だけを考えれば、かなりの強気設定だと思います。ですが、ゲーム内課金がないのであれば、3,000円前後の払い切りで隅々まで楽しめる方がいいんじゃないですかね。ゲーム内課金があれば3,000円どころじゃ済まない人が腐るほどいるでしょうし。と考えるのは枯れたゲーマーの遅れた思考でしょうかね。(「枯れた技術の水平思考」とかけてみましたが、面白くなかったので見なかったことにしてください)

 いずれにしても、ゲーム一本に何万円も払わなきゃ遊べないとか、払ってしまう構造になっているというのは健全ではないと感じるので、メーカーもユーザーも双方にとってよい点を見つけていってほしいものです。課金云々は全然違う話になるのでここでは触れませんが。

 ドラクエ1のゲーム自体については後日余裕があったら別途レビューしてみましょうか。辛口になりそうな予感がします。スクエニさんごめんなさい。(先に謝っておく手法を採用)

-了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>