3Dテレビは流行らない


 映画「アバター」が公開される前後から何かと話題の3Dテレビですが、私は今以上には流行らないと見ています。

 まだ実際に体験されていない方も沢山いらっしゃると思うのですが、私が何度か実際に体験して、その度に必ず思う事。それは、

 3Dじゃない。

 これですね。3Dテレビなのに3Dではないとはこれ如何に?
 3Dというのは立体です。厚みを帯びた表現が出来て初めて3Dだと言えると思います。ですが、現在世に出回っている3Dテレビは、2Dが何層にも重なっている表現しか出来ていません。奥行きのある紙芝居とでも言いましょうか。
 野球やサッカーといったコンテンツの3D放送も既に始まっていますが、本当に稀に「おっ」と思わせるシーンがある程度で、殆どが3Dの意味を成していないように思えました。また、ところどころ遠近感がおかしかったりして、リアリティがあるかと言われると違和感を拭いきれません。

 にも関わらず、マスコミが3Dだ立体だブームだと言い続けている事に疑問を感じます。果たして本心で言っているのでしょうか? 私の見聞が不足しているだけかもしれませんが、否定的な意見は殆ど聞いた覚えがありません。

 次の理由として大きいのは、

 専用メガネ。

 これが挙げられるでしょう。
 専用メガネをかけ、テレビを正面から見なければならないという時点で、生活の中に溶け込むことはないでしょう。また、私は普段はメガネをかけているのですが、メガネの上に3Dメガネは長時間になると辛いです。
 そして、3Dメガネがテレビ一台につき1つしか付いてこないのも問題です。家族4人で見ようと思ったら、3つ買い足さなければなりません。そのメガネは1つ10,000円前後するというおふざけぶり。これでは普及するのは難しいでしょう。

 3Dの必要性があって、かつその力を発揮できるコンテンツは、専用に作られた映画(それもCG。実写は3Dに向かないと思います)か、ゲーム。この二点じゃないでしょうか。3Dのゲームは是非3Dテレビでやってみたいです。
 逆に、ニュースやバラエティを3Dで見てどうするんでしょうか。もし3Dにするなら、3Dを意識したコンテンツ作りが求められますが、では2Dで見ている人はどうするのかという問題が生じます。普段見るテレビを3Dに替えるという事自体、無理がある事に思えてなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>